転職

転職活動の流れ・手順・やることを経験談から解説します♪

転職活動の流れ・手順・やることを経験談から解説します♪

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事はこんな人向けの記事です。

  • 転職ってどんな流れで進んでいくの?
  • 転職の手順やることを知りたい

 

【この記事の結論】

転職活動の流れ・手順・スケジュール
以下の通り。


■転職活動開始から応募まで
期間:2週間~1年
※その人の状況によって大きく変わる
※いつ転職したいか・どんな転職をしたいか

①情報収集・自己分析

②求人情報のチェック
・転職サイト
・転職エージェント
・企業の採用ホームページ

③カジュアル面談
※ない場合もある


■書類選考から最終面接まで
期間:1ヵ月~3ヵ月

④応募、書類選考

⑤適正テスト・SPIテスト
※ない場合もある

⑥一次面接~最終面接


■内定から入社まで
期間:1ヵ月~3ヵ月

⑦内定

⑧現職へ退職を通知

⑨内定受諾連絡

⑩現職の引継ぎ・退職手続き・有休消化

⑪転職先へ入社・ご活躍


転職サイトへの登録は
早ければ早いほど有利です!

>>無料でいますぐビズリーチに登録する

ハイクラス求人 ビズリーチ

 

詳細が気になる方は
記事もご覧ください。

5分程度で読み終わる記事です。


転職活動ってどんな感じで進むんだろ?

初めての転職活動だと手順やること
よく分からなくて不安ですよね。

僕は2019年に
本格的な転職活動を開始して
5ヶ月後に転職しました。

この記事では  僕の転職体験から
転職の流れについてお話しします。

この記事を読むと

転職活動のイメージが具体的になって
行動できるようになります。

■転職活動開始から応募まで

まずは転職活動を開始してから
実際に応募するまでの流れ
見ていきましょう。

この手順は人によって
かける労力も時間も変わります。

もっと詳しく

急いで転職したい人1か月未満
じっくりと見極めて転職する人は
1年程度といったところでしょうか。

みなさんの置かれている環境や年齢、
スキルや実績ももちろんそうですが
「いつ転職したいか」という
ご自身の意思が一番重要です。


いまの職場での満足度を図りたい人
こちらのテストも試してみてください。

いまの職場がイヤで不満?仕事満足度尺度でいまの気持ちを分析してみよう

①情報収集・事前準備

まずは転職についての情報収集
自己分析、業界の分析などを
行うフェーズです。

ここは飛ばして、
②の求人情報のチェックを
先にする人も多いです。

ココがポイント

ここでやるべきこと
転職全体の流れを知ったり
自分がどんな転職をしたいのか
をじっくり考えたり。

自分の転職に関する知識や
強み・弱みなどの分析、
転職して目指したい働き方など
みなさんの状況に応じて
納得いくように情報収集・分析
してみてください。

どんな理由で転職するのか
こちらの記事もご参考に。

転職経験者の割合はどれくらい?転職する理由・転職しない理由も分析!
転職経験者の割合はどれくらい?転職する理由・転職しない理由も分析!

続きを見る


まずは具体的な求人情報や
仕事内容を見てからイメージしたい
という人は  まずは②求人情報のチェックを
最初にやってもいいかもしれません。

僕も②から入りました。

②求人情報のチェック

続いては具体的な求人情報のチェックです。

求人情報をゲットするには
大きく分けて以下の3つがあります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 企業の採用ホームページ

最初に求人情報を見るなら、
転職サイトが気軽でおススメです。

転職サイトに登録して
履歴書や職務経歴を入力すれば
公開されている求人情報を見ることができます。

さらに登録した内容に興味を持った
企業から直接スカウトが来ることもあります。

詳しくはこちらの記事でも解説してます。


転職エージェント
担当者がついてくれて
キャリアの相談や模擬面接に加え
求人の紹介なども行ってくれます。

ココに注意

ただし  
あなたを転職させることで
報酬が得られるシステムなので
内定が出やすい企業を
優先して紹介しがちです。

急いでとりあえず転職したいなら
転職エージェンが良いですが、
じっくり転職活動するなら
転職サイトの方が自由に活動できます。


最後に
応募したい企業が決まっているなら
その企業の採用ホームページで
求人情報を見ることもできます。


会社選びのコツ
こちらの記事も参考になります。

転職するときの会社選びはどうやったらいいのぅ?自分に合った会社の探し方を解説!

③カジュアル面談

実際に応募する前に
企業の人事担当者や
転職エージェントなどと
カジュアルに面談をするケースが
最近は増えています。

最近はほぼウェブ会議や
電話で行うのが一般的です。

内容はこんな感じが多いです。

  • 採用情報や業務内容の説明
  • 選考の流れや応募意思、時期の確認
  • 要望のすり合わせ
    (勤務形態、職位、給与など)

もっと詳しく

採用にはあまり影響を与えず
お互いの情報交換をし
意識違いを無くすのが目的です。

ここで意識合わせができたら
実際に応募までの手順や提出物、
期限などが提示されて
具体的に採用に応募する段階へと移ります。

■応募から内定まで

ここからは実際の採用活動に移ります。

応募する企業によって
プロセスや期間は変わります。

おおむね応募から内定まで
1ヵ月から3ヵ月程度で、
面接は2~4回が多いです。

④応募、書類選考

応募の意思を伝えたら
まずは書類を提出して
書類選考に進みます。

以下の2つを提出することが多いです。

  • 職務経歴書
  • 履歴書

応募企業から指定された
フォーマットに従って
内容を書いていきます。

ココに注意

転職サイトに登録した内容を
そのままでよい企業もあれば、
志望動機など追記しないと
いけない企業もあります。

ここで手を抜くと
あっさりと書類審査で落ちるので、
しっかり準備して書いて提出しましょう。


書類はだいたい1週間から
2週間程度の期限で提出を
求められることが多いです。

職務経歴や履歴書など、
どこの企業に出しても同じ内容は
予めテンプレとして用意しておき、
その企業独自の内容に注力すべきです。

ココがポイント

意外と時間と集中力が必要なので
しっかりと時間を取って書き上げましょう。

応募企業のHPなどで事業内容を調べたり
求人情報の業務内容や求められるスキルなどを
踏まえた内容が書ければグッドです。

書類を提出すると
いよいよ採用の選考が始まります。

⑤適正テスト・SPIテスト

応募企業によっては
Webでの適正テストやSPIテストなど
受験するよう求められるとところも。

対策していないと意外と難しいので、
余裕があれば応募する前に
SPI対策本などを買って
読んでおく方が安心です。

僕はこれで対策しました↓


SPIはどちらかというと
足きりに使われるイメージなので
ある程度の得点が取れればOKです。

あまり時間をかけすぎないように注意です。

⑥面接(2回~4回程度)

書類審査と適性テストを通過したら
いよいよ面接が始まります。

最近はカメラONでのWeb面接が主流です。

服装や身だしなみ、
部屋を整えるなど
見た目も工夫しましょう。

ココがポイント

志望動機や退職理由、
これまでの職務経歴などに加えて、
転職後に活躍できるのか
という点を詳しく見られます。

実績やスキルのアピールに加え、
足りない点があれば補う前向きさ
困難な状況でも粘り強く取り組むなど
人間性や情熱もアピールポイントです。


面接は事前準備と慣れ
誰でも上達することができます。

面接が苦手な方
転職エージェントに模擬面接してもらったり、
有料のキャリアコンサル
面接対策してもらうのもありです。

>>人生に向き合うキャリアコーチング


応募企業によって
面接の回数は変わってきます。

1~3回の面接と最終面接
という形が多いですね。

僕は一次面接と最終面接の2回だけでした。

もっと詳しく

最終面接では役員級の人が出てきて、
最後の確認といったイメージです。

最終面接だけはWebではなく
現地で直接というケースが多いです。

細かいスキルよりも
人間性やコミュニケーションなど
見られることが多いと思いますので、
面接態度や服装などにも気を付けましょう。

■内定から入社まで

無事、内定を勝ち取ることができたら
次は退職と入社の準備になります。

内定から入社までの期間は
1ヵ月~3ヵ月が多いです。

⑦内定

最終面接の翌日から1週間以内で、
選考の結果が届きます。

見事、内定が出たら、
具体的な条件なども
合わせて通知されます。

  • 入社年月
  • 勤務地
  • 職位、業務内容
  • 想定の給与
  • 福利厚生

細かい部分は内定受諾後に
雇用契約や就業規則などの
書類とともに送られてきます。

ココがポイント

自分が譲れない条件
しっかりと確認し、
不足している部分があれば
このタイミングで交渉しましょう。

僕はこのタイミングで
年収と入社年月の交渉をしました。

大きい会社だと
給与テーブルが決まっているので、
年収交渉はなかなか難しいですが、
ベンチャー企業などであれば
結構融通が利くイメージです。

⑧現職へ退職を通知

内定を受諾することが決めたら、
現職の上司に退職を報告します。

このイベントが一番緊張しました。

あらかじめ伝えるタイミングと
場所を作っておき、
どのように伝えるか
事前に決めておきましょう。


なお退職を伝えると
ほぼほぼ引き止めされます。

ココがおすすめ

ここで今の職場での不満点や条件の
改善などの提案が引き出せれば
現職に残留する選択肢もあります。

できれば応募企業に
内定受諾の連絡をする前に
現職で退職報告しておきましょう。

残るつもりがないのなら
はっきりと伝えてるのも大事です。

⑨内定受諾連絡

現職に退職の意思を伝えたら
退職が了承されたかにかかわらず
相手先に内定受諾の連絡をしましょう。

受諾連絡したら基本的には断れません。

転職する!と決めてから
受諾の連絡をしましょう。

あわせて最終的な条件の確認も
しっかりしておきましょうね。


現職での退職が認められないとか
引き止めが長引いているといった状況でも
自分に退職の意思があるなら
内定受諾の連絡をしましょう。

ココがポイント

最終的には退職するのは
従業員の権利です。

法律的には
退職する2週間前までに
通知するだけでOKなので
どうしても認められなければ
退職代行などを利用するのも最終手段です。

⑩現職の引継ぎ・退職手続き

内定受諾して退職が決まれば
現職の引継ぎなどをしていきます。

ここは上司の指示などを仰ぎましょう。

退職が決まってからの業務は
正直な話、結構きまずいですが、
これも経験と割り切って頑張りましょう。

ココがポイント

これまでの業務での
成果や知識、経験を振り返る
いい機会にもなります。

また、退職にあたっての手続きも行います。

会社の人事部などから指示があると思いますが、
だいたいこんな感じの手続きになります。

  • 退職金
  • 企業年金などの引継ぎ
  • 雇用保険
  • 年金手帳

退職金については
こちらの記事に詳しく書きました。


あとはしっかりとリフレッシュして
転職先で活躍するために
できるだけ有休はしっかり消化しましょう。

1か月まるまる休めれば、
かなり準備や勉強も捗るし
小旅行などで英気も養えます。

引き継ぎや入社タイミングをうまく調整して
ぜひ有意義な有休ライフを送ってくださいね。

僕は使い切れませんでしたが....

⑪転職先へ入社・ご活躍

見事これだけのイベントをこなせば
無事に転職が完了です。

新しい職場での仕事は
最初は慣れないし緊張もします。

ですが、新鮮な気持ちと空気で
働くことでまた新しい自分と出会えます。

ココがおすすめ

心身の疲労がたまりがちなので、
転職後の数か月はあえてのんびりと
自分をいたわる気持ちを大事に
してください。

あなたの新天地でのご活躍をご祈念しています。


ちなみにビズリーチを
利用して転職が成功すると
お祝い金も貰えます。

僕が転職を決めたのも
ビズリーチでもらったスカウトが
キッカケでした。

まだ登録していない人は
ぜひ登録してみてくださいね。

>>無料でいますぐビズリーチに登録する

ハイクラス求人 ビズリーチ

 

詳しくはこちらの記事もご参考に。

■まとめ

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

転職活動を始めようか
悩んでいる人の参考になれば幸いです。

改めて記事の内容をまとめます。

【この記事の結論】

転職活動の流れ・手順・スケジュール
以下の通り。


■転職活動開始から応募まで
期間:2週間~1年
※その人の状況によって大きく変わる
※いつ転職したいか・どんな転職をしたいか

①情報収集・自己分析

②求人情報のチェック
・転職サイト
・転職エージェント
・企業の採用ホームページ

③カジュアル面談
※ない場合もある


■書類選考から最終面接まで
期間:1ヵ月~3ヵ月

④応募、書類選考

⑤適正テスト・SPIテスト
※ない場合もある

⑥一次面接~最終面接


■内定から入社まで
期間:1ヵ月~3ヵ月

⑦内定

⑧現職へ退職を通知

⑨内定受諾連絡

⑩現職の引継ぎ・退職手続き・有休消化

⑪転職先へ入社・ご活躍

転職サイトへの登録から
転職活動の第一歩を踏み出しましょう♪

>>無料でいますぐビズリーチに登録する

ハイクラス求人 ビズリーチ


転職サイトへの登録について
詳しくはこちらの記事で解説してます。


他にも転職記事あります。

最大手リクルートダイレクトスカウトでたくさんスカウトをゲットするための登録方法を図解で紹介
最大手リクルートダイレクトスカウトでたくさんスカウトをゲットするための登録方法を図解で紹介

続きを見る

転職するときの会社選びはどうやったらいいのぅ?自分に合った会社の探し方を解説!
転職するときの会社選びはどうやったらいいのぅ?自分に合った会社の探し方を解説!

続きを見る

転職が不安で怖い...その理由と対策を徹底解説!!
転職が不安で怖い...その理由と対策を徹底解説!!

続きを見る

いまの職場がイヤで不満?仕事満足度尺度でいまの気持ちを分析してみよう
いまの職場がイヤで不満?仕事満足度尺度でいまの気持ちを分析してみよう

続きを見る

転職経験者の割合はどれくらい?転職する理由・転職しない理由も分析!
転職経験者の割合はどれくらい?転職する理由・転職しない理由も分析!

続きを見る

転職活動の流れ・手順・やることを経験談から解説します♪
転職活動の流れ・手順・やることを経験談から解説します♪

続きを見る

35歳限界説はもう古い。最近の30代の転職事情を公開!
35歳限界説はもう古い。最近の30代の転職事情を公開!

続きを見る

メリットたくさん! 転職して良かった 生の体験談をどうぞ♪
メリットたくさん!転職して良かった生の体験談をどうぞ♪

続きを見る

転職で年収上がる資格
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の年収相場とITエンジニアが転職で有利な資格

続きを見る

転職するときに退職金は引き継げるのか?

続きを見る

転職したら退職金はいつ支払われるのか?

続きを見る


スキルアップ記事ならこちら♪

スキマ時間をハックする!オーディブル聴き放題の使い方をおすすめ
スキマ時間をハックする!オーディブル聴き放題の使い方をおすすめ

続きを見る

Audible(オーディブル)聞き放題の厳選おすすめタイトル
Audible(オーディブル)聞き放題の厳選おすすめタイトル

続きを見る

【人生変わるよ】サウナで整うことで得られる効果まとめ8選
【人生変わるよ】サウナで整うことで得られる効果まとめ8選

続きを見る

自信がなくても行動すれば自信はあとからついてくる
<要約&感想>「自信がなくても行動すれば自信はあとからついてくる」

続きを見る

ITエンジニア/ ブロガーが 初心者から 脱出するためのKindle17選
ITエンジニア・ブロガーが初心者から脱出するためのKindle17選

続きを見る

Amazonプライムリーディングで無料で読めるおすすめのビジネス書
Amazonプライムリーディングで無料で読めるおすすめのビジネス書

続きを見る


英語力を鍛えるなら!

TOEIC初心者から900点を狙える効率的なおススメ勉強法
TOEIC初心者から900点を狙える効率的なおススメ勉強法

続きを見る

TOEIC学習アプリabceedはいろんな問題が解ける神アプリで満点目指すには必須だった
TOEIC学習アプリabceedはいろんな問題が解ける神アプリで満点目指すには必須だった

続きを見る

TOEICの点数が下がってショック!点数が上がらない理由と対策を伝授します。
TOEICの点数が下がってショック!点数が上がらない理由と対策を伝授します。

続きを見る

TOEIC900点~満点を目指す人が抑えておきたい英単語・イディオム200選

続きを見る

TOEICスコアアップ体験記 | 12年かけて595点から970点になった話
TOEICスコアアップ体験記 | 12年かけて595点から970点になった話

続きを見る

TOEIC900点は自慢できる点数なん??そのすごさを解説。
TOEIC900点越えのすごさとは?実体験と英語レベル・難易度・割合から解説。

続きを見る

【最強9選】英語の勉強のやる気が出ない時に試してほしいこと
【最強9選】英語の勉強のやる気が出ない時に試してほしいこと

続きを見る

『他とは一味違う』大人の英語やり直しは何からやるべきか→問題解こう
『他とは一味違う』大人の英語やり直しは何からやるべきか→問題解こう

続きを見る

スタサプTOEIC対策コースの無料体験でやることと解約方法
スタサプTOEIC対策コースの無料体験でやることと解約方法

続きを見る


ブログランキング参加してます。

この記事が役に立ったら
帰り際に僕の顔面の好きな場所をクリック
してもらえると励みになります<m(__)m>
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
※顔が表示されない場合にはこちら
にほんブログ村

 


TOEICランキング

-転職