英語学習

【最強9選】英語の勉強のやる気が出ない時に試してほしいこと

【最強9選】英語の勉強のやる気が出ない時に試してほしいこと

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事はこんな人向けの記事です。

  • 英語の勉強してるけど成果がなかなか出ない
  • ちょっと勉強するモチベーション落ちてきた
  • 英語学習のやる気を上げる、復活させる方法を知りたい

【この記事の結論】

  1. 簡単な問題を解く
  2. 誰かに褒めてもらう
  3. 勉強時間を記録する
  4. アニメを英語字幕で見る
  5. バイリンガル版のマンガを読む
  6. 洋画や海外ドラマを見る
  7. 洋楽を聞いたり歌ったりする
  8. 英語と欲望を結びつける
  9. コミュニティに参加する

 

詳細が気になる方は
記事もご覧ください。

5分程度で読み終わる記事です。


英語の勉強してたけど、成長が実感できなくて、なんかやる気なくなってきた...

英語の勉強をするうえで
絶対に訪れるやる気なしモード
心が折れてしまう人も多いです。

僕も社会人になって12年間何度もやる気を失っては復活を繰り返してきました。

 

この記事では、
英語学習のやる気がなくなったとき
復活できる方法を9つご紹介します。

この記事を読むと

あなたのやる気スイッチが押されて、
再び英語の勉強をがんばることができます!!!

■英語学習のやる気が出ない原因は?

まず「どうして英語学習のやる気は
すぐにどこかに行ってしまうのか?」

について考えてみましょう。

誰しも最初は「やるぞーー!」
英語の勉強を始めるものです。

 

しかし、いつのまにか

「しんどいな」
「つまらないな」
「全然上達しない」

と負の感情に襲われたり。

「忙しい」
「ほかにやることがあるし」
「メンタルが...」

など都合のいい言い訳を作り出し。

徐々にやる気がなくなって
英語の勉強をやめてしまいます。

その原因を少し深堀していきます。

●感情面の原因

勉強って楽しいものではないですよね。

そのため我慢して勉強し続けると
感情面が悪化していくことは
自然なことです。

 

人間の生存本能として、「コンフォートゾーン(現状のぬるま湯)から出ると、不安に感じてぬるま湯に戻ろうとする」習性があります。

 

新しく勉強を始めて
コンフォートゾーンから
飛び出しただけでもすごいことです。

ですが、その飛び出した先を
新たなコンフォートゾーンに
していくまでがんばりたいところ。

ポイント

そのためには、習慣化して慣れるまで小さく継続していくのが感情の谷を越えるキーポイントです。

 

特に英語学習は
成長を実感する機会が少ないので、
不安になってしまうことが多いです。

  • 小さな成長に目を向ける
  • 学習時間など積み上がっていく指標を記録してニヤニヤする

など、自分の頑張りを可視化しておくのが
モチベーション維持には大切です。

●あふれ出る「できない理由」

基本的に人間はしんどいことは
やりたくありません。

なので、少しでも
やらない言い訳ができると、
心が勉強をやめさせるための
正当な理由を作って誘惑してきます。

ポイント

これも人間の本能です。

本能に理性や感情で立ち向かうのは難しいですよね。

 

よって、こちらも人間の特性を
利用して対処するしかないです。

それが小さな習慣ですね。

 

ポイント

毎日同じ時間同じ場所同じ学習方法勉強を開始する

これだけを1週間から2週間
守るだけで体に習慣が身に付きはじめます。

すると脳にも「これはやるべきことだ」
とプログラムされて、
むしろやらないほうが
気持ち悪くなってきます。

 

注意ポイント

その時に量はムリに増やさないこと。

ノルマとしては、5分でも1分でもいいです。

最初は英語の上達ではなく、
英語学習の習慣化を目標にして、
とにかくやれる仕組みを
作ることに専念してください。

 

最初から

「毎日30分とか1時間やるぞー」

という目標を立てて、
うまく継続できる確率は高くありません。

やる気のある日に
たくさんやるのはいいですが、
毎日のノルマはできるだけ
小さく設定することがおすすめです。

■「英語力の成長が感じられない時」に試してほしい方法3つ

さて、これまで書いてきたような
小さな習慣の構築感情への対策
したとしても、やる気がなくなることは
たくさんあります

 

ここからはそんな時に

  • 勉強方法を少し変えたり
  • 教材に変化を入れたり

しながら継続しつつ、
やる気を復活させることが
できる方法を紹介します。

 

ポイント

まずは成長が目に見えなくてやる気が出なくなるパターン

  • 自分の成長や今できることに目を向ける
  • だれかに褒めてもらう

などのメンタルトレーニング
再度心に火をつける方法をご紹介します。

①簡単な問題を解く

勉強をするということは、
自分の「知らない・できない」
と向き合うことです。

これは時として
自分の能力不足を痛感し
自己肯定感がダウンしてしまいます。

知らない・できないという問題に向かい続けると、「この先ずっとできないのではないか」という学習性無力感に襲われることがあります。

 

ポイント

そんなときは自分が「できること」に目を向けるのも大事です。

英語を勉強してきたことで、
確実に「できること」は
積み重なってます。

いまの学習レベルより
2つくらい下げた問題
を解くことで

自分はできるようになってる、成長してる

と実感することができます。

TOEICを勉強している方なら
中学生・高校生向けの問題集とかを
やってみるとサクサク解ける快感で
やる気も復活してきます。

②誰かに褒めてもらう(コーチング)

自分で自分を褒めれないなら、
人に褒めてもらうのも効果的です。

  • 家族から褒めてもらう
  • SNSで励ましをもらう
  • 学生さんは先生から

 

とはいえ、大人になると
誰かに褒めてもらう機会って
なかなかないですよね....

そんな場合には、やる気が落ちたり
伸び悩んだりした時だけ
パーソナルコーチを付けたり
オンライン英会話
入ってみるのもいいかも。

ポイント

他の人からの励ましは、めっちゃモチベーションを上げてくれます♪

③勉強時間を記録する

実力がなかなか伸びなかったり
成果を感じない時でも、
勉強をした累計時間だけは
増える一方です。

ポイント

停滞期には、「必ず増える指標を積み上げる」と、"自分が成長している、前に進んでいる"という感覚が持てます。

 

英語アプリでも
学習時間や連続学習期間などが
記録できるものがあります。

あとは、勉強記録アプリとかを
使うのも効果的ですね。

 

SNSその日の学習時間と
学習内容を書くのも効果的です。

励ましももらえたりして一石二鳥です!

■「英語の勉強が楽しくない」時に試してほしい方法4つ

続いては、
毎日継続はできてるんだけど、
味気ない英語のテキストや問題に
飽きてしまうケース。

これは1か月~2か月くらい
同じ教材を使ってると出てくる問題です。

 

ポイント

対策として、教材を変えてみたりするのも一つの手です。

KindleUnlimitedのようなサブスクなら、
気軽に教材を変えながら勉強できます。

 

あとは教材自体を、
面白いもの・好きなものに変えてみる。

これで内容を楽しむことができ、
モチベーション復活のきっかけにできます。

 

ここでは、楽しんで勉強できる
教材についてご紹介します。

④アニメを英語字幕で見てみる

僕が一番おススメするのはアニメです!

Netflixなどのサブスクなら、
英語字幕モードがあります。

 

ポイント

音声は日本語でOKで、字幕の英語を付けるだけ。

これで内容や映像、音声はそのまま
たまに字幕の英語を見ながら
気楽に楽しく勉強できます。

 

Netflixでの勉強方法と
おススメのアニメは
こちらの記事をどうぞ♪

アニメで英語学習

【名作3選】Netflixで英語学習できる超絶おすすめアニメ
【名作3選】Netflixで英語学習できる超絶おすすめアニメ

続きを見る

⑤バイリンガル版のマンガを読む

続いてはマンガです!

英語版のマンガは結構読みづらいので、
バイリンガル版という日本語と英語が
どちらも併記してあるものを選びます。

ポイント

絵やストーリーを楽しみつつ、
英語と日本語を比べながら見れるので
単語や表現を覚えやすいです。

 

画像と一緒に覚える
右脳のイメージ記憶も使えて
一石二鳥です。

おすすめのマンガと勉強方法は
こちらの記事をどうぞ♪

マンガで英語学習

マンガでも英語学習できる!おすすめのバイリンガル版マンガ3選
マンガでも英語学習できる!おすすめのバイリンガル版マンガ3選

続きを見る

⑥洋画や海外ドラマを見る

続いては王道ともいえる
洋画や海外ドラマですね。

外国で制作されたものなので、
ネイティブ英語が聞けるのがポイント。

英語ができるようになって、字幕や吹替なしで洋画を見たいという方も多いと思います。

 

ただ、英語音声+日本語字幕だと
正直聞き取るのはかなり難しいです。

ネイティブスピードで話されると、聞き取るのはかなり難しい....

 

GoogleChromeの拡張機能などで
日本語・英語のダブル字幕
表示できたりするので
そういった機能を
使うのがおススメです。

⑦洋楽を聞いたり、カラオケで歌ったり

最後は洋楽ですね。

洋楽は正直言うと
ただ聴くより
歌って発音を
身に着ける
のに使うといいと思います。

 

友達とのカラオケで洋楽を歌うと
変な空気になりますが、
ヒトカラや家カラなら問題ないでしょう。

ポイント

最初はゆっくりめのテンポの曲がいいと思います。

 

特に日本語の意味とか考えないで、
字幕に沿って気持ちよく
歌えばいいと思います。

ビートルズとか地味に
英語学習に使うには最適です。

■それでもやる気が出ない時は・・・・

「いろいろ試してみたけど、
やっぱりやる気がでない...」

そんなときは休むのも手です。

再び自然に勉強したくなるのを
待ちましょう。

注意ポイント

ムリにやろうとして嫌いになったら意味がないので。

最後に人間の欲望とやる気を
結びつける方法をご紹介します♪

⑧英語と自分の欲望を結びつける

モチベーション管理の
テクニックとして、
自分の欲望や希望を
うまく使う思考法
有効だったりします。

  • なぜ英語を勉強しようと思ったのか
  • 英語ができるとどんないいことがあるのか
  • 英語ができないと何が困るのか

 

自分の英語学習の原点
思い出してイメージすると、
その当時の思いや本心がよみがえり
自然とやる気が湧き上がってきます。

 

僕の場合は

  • 転職に使えて仕事を嫌になってもやめれる🤤
  • 英語話せるとなんかカッコよくてモテそう🤤
  • TOEICスコア聞かれたらドヤれる🤤
  • 外国の人と英語で話せるオレかっけー🤤

という浅はかなモチベーションだけで
10年以上継続できました。

このような
「単純だけど自分の本心に近い思い」
見つけてみてくださいね。

⑨コミュニティに参加する

あとは一人でやろうとしないことも大事です。

ぼくはぼっちなので
ほぼ一人でやってましたが、
一緒に頑張れたり
競争できる人がいると
モチベーションはもっと高まります。

  • 他に英語をがんばってる人を見つける(コミュニティ)
  • 目標とする人を設定する
  • 英語のコーチを見つける

 

僕の場合には
「職場の自分よりTOEICスコアが高い人」
を勝手にライバル視して、
"絶対抜いてやる!"
というモチベーションを
ひそかに持っていました。

いまはTwitterのみなさんにやる気と刺激もらってます。

■まとめ

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

最後に記事の内容を
簡単にまとめます。

 

英語の勉強のやる気がでない原因

  • 上達しない、飽きてきたなどの感情面
  • 忙しい、他にやることがあるなどの言い訳

【この記事の結論】

  1. 簡単な問題を解く
  2. 誰かに褒めてもらう
  3. 勉強時間を記録する
  4. アニメを英語字幕で見る
  5. バイリンガル版のマンガを読む
  6. 洋画や海外ドラマを見る
  7. 洋楽を聞いたり歌ったりする
  8. 英語と欲望を結びつける
  9. コミュニティに参加する

この記事を読んで
英語学習のやる気が復活できれば
とても幸いです♪

 

英語学習の教材やアプリ
お探しならスタディサプリ
一番おススメてします♪

無料体験できるので、
よければ試してみてください♪


英語学習のやる気が出ない時
体験記を読むのとおススメです♪


英語学習に役立つ記事
書いてますので
よければご覧ください♪


ブログランキング参加してます。

この記事が役に立ったら
帰り際に僕の顔面の好きな場所をクリック
してもらえると励みになります<m(__)m>
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
※顔が表示されない場合にはこちら
にほんブログ村

 


TOEICランキング

-英語学習