IPO投資 日本株

IPO投資は低リスクで現金余力を有効活用できる宝くじだ

IPO投資は宝くじ感覚でドキドキしながら現金余力を有効活用できる

こんにちは、たまです。

この記事はこんな人向けの記事です。

  • インデックス投資を中心にやってるけど怖いので現金比率は高め
  • でも余力を余らせているだけなのはもったいない
  • 何か安全・低リスクで損しない投資方法が方法を知りたい

【この記事の結論】

IPO投資に挑戦してみよう♪

  1. 証券会社の口座を開設
  2. 現金余力を証券会社へ入金(50万円程度)
  3. IPOの抽選に参加する

IPO投資のために開設すべき証券口座

 

詳細が気になる方は
記事もご覧ください。

5分程度で読み終わる記事です。


資産の現金比率が高くて悩んでるけど、もっと投資するのはちょっと怖いな

投資を始めたばかりのころは、
損するのが怖くて
投資機会を失うことも多いです。

僕は基本的にはフルインベストですが、投資に入れれないお金を有効活用する方法を探していました。

 

この記事では、
現金のまま投資チャンスに生かせる
IPO投資についてご紹介します。

この記事を読むと

余らせている現金余力
楽しく有効活用することができます!!!

 

現金だけではインフレで
価値が下がっていきます。
インフレ対策資産で防衛しましょう♪

■IPO投資とは

IPOとはInitial Public Offeringの略です。

日本語では「新規公開株」
などと呼ばれます。

 

ある会社の株式を証券会社で売買するには、まず東証などに上場する必要があります。

上場の際に、
これまで未公開だった株式
証券会社を通じて一定数売り出す
イベントがIPOです。

IPOで会社の持っている株を
売り出すことで
、資金調達ができます。

この資金を利用して、
さらに会社の成長に投資していく
というのがIPOの主目的となります。

 

ちなみにIPOの際の株価は、売り出しをする証券会社などが市場の需要などに応じて価格設定します。

このIPO株は

  • 売り出される株数が少ないこと
  • 新規上場するのは若い企業が多く今後の成長期待が高いこと

から、買いたい投資家さんが
殺到することが多いです。

 

ポイント

ということは、上場したら売り出し価格より上昇する可能性が高いんですね。

IPO株は上場前に証券会社が
決めた金額で買うことができます。

上場前に買ったIPO株
上場した瞬間に売ることで
差益を得られる可能性が高まります。

 

ポイント

この上場した瞬間の株価初値といいます。

 

実際に過去のIPO実績を見てみると
初値がIPOの売出価格を超えた
(つまりIPO投資で利益を得た)
会社は過去5年平均で85%を超えます。

  新規上場
会社数
IPO投資で
利益が出た
確率
2021年 111
(12/22時点)
85%
2020年 93 75%
2019年 86 88%
2018年 90 89%
2017年 90 91%

 

また、事前に情報収集することで、
確実に利益が出そうな銘柄を
見極めることができます。

ポイント

つまりほぼ100%の確率で儲けることも可能なんですね。

「そんな甘い話はないでしょ」
と思った方はするどいです。

 

実績からも分かる通り、
IPO株を買うことができれば
高い確率で儲けることができます。

そんな甘い話ならみんな買いますよね。

 

ところがみんなが買えるほどの
売り出し数はないんですね。

IPOはその勝率と利益率から申込が殺到し
儲かる株は絶対に抽選となります。

ポイント

当選率は1%未満という宝くじレベルです。

 

ですが

  • 宝くじと違って、抽選に参加するだけなら費用はいらない(資金拘束はされます)
  • 当たった場合の金額が数万円から数十万円と大きい

ので、こんな方がIPO投資に向いてます。

  • 時間と手間をかけられる人
  • 証券口座をたくさん開設することに抵抗がない人

 

興味が出てきた方は
ぜひ続きもご覧ください。

■IPO投資に必要なもの

続いてはIPO投資に
必要なものをご紹介します。

●現金の余力(数十万円)

まずは現金余力です。

証券会社によって違いはありますが、
IPO投資の大きな流れとしては

  1. 証券会社に現金を入金
  2. その買い付け余力で購入可能なIPO株に応募する

形となります。

 

IPO株の売り出し価格
会社規模や発行株数で変わりますが
数百円~数千円となるケースがほとんど。

購入単位は100株単位となることが多いです。

売り出し価格(数百円~数千円)
×
株数(100株)

で計算すると必要資金がざっくり出せます。

 

ポイント

証券会社に数十万円の買い付け余力があれば、IPO株の購入抽選に応募することができます。

 

また、余力が大きいほど

  • 複数のIPO株に同時に申し込んだり
  • いくつかの証券会社で同じIPO株に申し込んだり

当選確率を上げることができます。

●証券口座(たくさんあるほど有利)

次はIPO株の抽選に応募する証券口座です。

通常の株式投資をする口座でOK
SBI証券、野村證券、マネックス証券などですね。

 

IPOでは複数の証券会社が幹事会社として選ばれ、その幹事会社ごとにIPO株が配分されます。

各証券会社は自社に配分されたIPO株を
自社のユーザに販売していきます。

つまり証券会社ごとに応募できるので、
1つのIPOに複数の証券会社から
応募することも可能です。

これによって当選確率は2倍、3倍になります。

 

ポイント

とくにIPOごとに1社だけ選定される「幹事証券会社」には多くのIPO株が配分されます。

主幹事証券会社は
配分される株数が多いので
自然と当選確率が上がります。

多くの証券口座を保有していると
IPO株ごとに主幹事証券会社を狙って
抽選に応募する戦略も可能となります。

 

また証券会社ごとに抽選や応募、当選確率の仕組みはかなり違います

余力の大きさなどに合わせ
柔軟に証券会社を変えるのが
当選確率アップへの鍵となります。

 

そのため可能な限り多くの
証券会社の口座を保有していると
チャンスが増えます。

おすすめの証券会社ランキングは
記事後半でご紹介します。

■当選の体験談

ここで実際に当選したらどうなるか
僕の体験談をお話ししますね。

IPO投資歴は7年程度です。

基本的に現金余力を
あまり持たない主義のため、
気まぐれ程度に細々と
抽選に応募してきました。

 

最近では、2021年3月に
有望なIPO株に当選することができました。

このIPO投資で得た利益はなんと18万円

詳細はこちらのツイートに。

 

このようにひとたび当選すれば
10万円以上の利益も狙えるのが
IPO投資の醍醐味であり魅力です♪

■初心者におすすめの証券会社BEST3

それでは最後に
IPO投資におすすめの証券会社を3つ
ランキング形式でご紹介します。

1位:SBI証券

1位はSBI証券です。

口座を持っている方も多いと思うので
最初に始めるのには最適です。

SBI証券のIPOの特徴

  1. 独自のIPOチャレンジポイントがもらえる
  2. 少ない資金で複数のIPOに応募できる

 

SBI証券はIPOに落選しても、
IPOチャレンジポイントが
1ポイントもらえます。

このポイントをためていくと、
IPOに確実に当選する技が使えます。

人気のIPOに当選するには
5~6年かけてポイントを
コツコツためる必要があります。

ですが
時間と手間をかければ当選できる
というのはかなり大きいと思います。

 

また、SBI証券は抽選時に
必要な余力があれば抽選参加できます。
抽選参加で資金ロックもされません。

ざっくり余力を50万円程度置いておけば、
SBIで応募できるすべてのIPO株に応募可能です。

資金がロックされるのは実際に当選してから。

抽選参加ごとに資金ロックされる
(余力からその金額が引かれる)
証券会社が多いので、この点も大きな魅力です。

 

余力が少ない個人投資家さんには
SBI証券が一番おススメです。

僕もメインはSBI証券です♪

2位:野村證券

第2位は野村証券です。

野村証券はネット口座も開設できるので、
ネット口座でOKです。

業界最大手の野村証券
主幹事会社になることが多く
IPO株の割り当てが多いです。

そのため当選確率も上がります。

 

何より最大の特徴は
当選するまで余力は0円でもOKということです。

これは個人投資家にはありがたい制度です。

証券口座を持つだけで
抽選に参加することができるので、
コツコツ型の方に向いています。

 

ポイント

基本はSBI証券に現金余力を入れつつ、
野村証券を併用しながらIPOに参加する
というのが最低限の現金余力でできる
IPO投資の戦略です。

3位:マネックス証券

ここからは現金余力が
50万円以上ある方向けです。

さらに当選確率を上げるときに
検討したいのがマネックス証券

 

ポイント

マネックス証券の特徴は、公平抽選制度

他の証券会社では余力や
応募した株数などに応じて
当選確率が変わります。

要はたくさんお金持っている人が
当選しやすいんですね。

 

ですがマネックスは余力に関係なく、
完全にランダムで抽選してくれるので
個人投資家でも当選しやすいです。

 

ただ、IPO株への応募ごとに
資金ロックされてしまうので、
複数のIPO株に同時で申し込むには
大きな余力が必要です。

なので、マネックス証券では
値上がりが期待できる
有望IPO株に絞って
抽選に参加すると良いです。

さらに当選確率を上げたいなら・・・・

現金余力100万円までの投資家さんには
以下3つの証券会社の併用がおススメです。

 

現金余力がさらにある人向け
追加で開設すべき証券口座も
ご紹介しておきます。

 

IPOの当選確率を上げるには

  • IPO株の割り当てが多い
  • 公平抽選
  • 資金ロックが少ない

という条件を満たす
証券会社がよいです。

 

資金ロックがない証券会社


IPO株の割り当てが多いのは
実績の長い大手証券会社です。

この4つは、狙ったIPO株の
主幹事証券会社に選ばれたら
抽選に参加するのがおススメです。


当選確率を上げたい方は
このあたりの証券会社も
開設しておくと勝率アップです♪

■まずは口座開設をして抽選に応募してみよう

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

今回は初回の記事ということで、
「IPO投資とは」
「おススメの証券会社」
をご紹介しました。

 

ポイント

宝くじ感覚で楽しくドキドキと
投資に使っていないお金を
有効活用できるのIPO投資の魅力。

面白そうだと思った方は
まずは口座開設してみてくださいね♪

無料でネット完結で開設できるので、
年末年始やGWなどの長期休暇に
さっとやっておくのと始めやすいですね。

 

  • 具体的な抽選への参加方法
  • IPO株の見極め方や情報収集のやり方
  • 当選確率をアップさせる方法

などについては、
また別記事でご紹介します。


さらに爆益を狙える
仮想通貨版のIPOもあります。

コインチェックだけで取り扱ってるので
口座開設しておくと
さらにチャンス広がります♪


他にも投資記事あります!

仮想通貨

ビットコインは何月に強いのか?過去の価格推移からアノマリーと買い時を探る
ビットコインは何月に強いのか?過去の価格推移からアノマリーと買い時を探る

続きを見る

海外送金の手数料を抑えるならビットコインなどの仮想通貨を使おう
海外送金の手数料を抑えるならビットコインなどの仮想通貨を使おう

続きを見る

NFTとは単なる絵ではない!その価値と特徴・仕組みを分かりやすく解説!
NFTとは単なる絵ではない!その価値と特徴・仕組みを分かりやすく解説!

続きを見る

仮想通貨・ブロックチェーン 将来性のある本命銘柄50社!日本からは富士通とLINE
<2022年版>仮想通貨・ブロックチェーン 将来性のある本命銘柄50社!日本からは富士通とLINE

続きを見る

ビットコインなどの仮想通貨が下落・暴落しても儲かる。空売り(ショート)で利益を出そう!

続きを見る

コインチェックでイーサリアムは買わないで!取引所で買えないからめちゃ損する

続きを見る

【両方開設が最強】コインチェックとビットフライヤーはどっちが良いか徹底比較

続きを見る

【株・不動産・金に続け】ビットコインはインフレ対策資産になれるのか?
【株・不動産・金に続け】ビットコインはインフレ対策資産になれるのか?

続きを見る

【簡単・分かりやすく解説】仮想通貨とは価値のあるデータだ!
【初心者向けに分かりやすく】仮想通貨とは「価値を持ったデータ」だ!

続きを見る

【基礎と特徴を初心者向けに分かりやすく】
最初の仮想通貨:ビットコインとは?【基礎と特徴を分かりやすく】

続きを見る

次のビットコイン半減期はいつ?翌年以降の価格推移を分析する!
次のビットコイン半減期はいつ?翌年以降の価格推移を分析する!

続きを見る

【初心者向け】抑えておきたい主要な仮想通貨4種類と特徴
抑えておくべき主要な仮想通貨4種類と特徴(ビットコイン・イーサリアム・アルトコイン・草コイン)

続きを見る

【取引所の改悪に備えよ!】移管はめちゃラクなので、仮想通貨口座は複数作っておこう!
【取引所の改悪に備えよ!】移管はめちゃラクなので、仮想通貨口座は複数作っておこう!

続きを見る

コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など
コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など

続きを見る

初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説
初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説

続きを見る

【本当はできます】図解手順付き | 楽天銀行→コインチェック入金の振込手数料は無料!!

続きを見る

三菱UFJ銀行ダイレクトからコインチェックへの入金方法について
三菱UFJ銀行ダイレクトからコインチェックへの入金方法について

続きを見る

ビットコイン取引といえば! | bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とおすすめポイント

続きを見る

BITPOINT口座開設手順を図解で徹底紹介

続きを見る


株式投資

投資ポートフォリオを強化したいならビットコインなどの仮想通貨を組み込んでみよう
投資ポートフォリオを強化したいならビットコインなどの仮想通貨を組み込んでみよう

続きを見る

投資ポートフォリオの作り方とメリット | リターンとリスクを最適化して資産を効率的に増やそう!
投資ポートフォリオの作り方とメリット | リターンとリスクを最適化して資産を効率的に増やそう!

続きを見る

仮想通貨DeFiの初心者が失敗しがちな3つのポイントと対策
仮想通貨DeFiで失敗しがちな3つのポイントと対策

続きを見る

ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?
ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?

続きを見る

オルカンの英語の意味
オルカンとは全世界に分散投資する投資信託 | 信託報酬手数料や比率などの詳細情報まで

続きを見る

【大富豪】米FRBパウエル議長の年収から資産・経歴まで調べてきた
【大富豪】米FRBパウエル議長の年収から資産・経歴まで調べてきた

続きを見る

IPO投資は宝くじ感覚でドキドキしながら現金余力を有効活用できる
IPO投資は低リスクで現金余力を有効活用できる宝くじだ

続きを見る


ブログランキング参加してます。

この記事が役に立ったら
帰り際に僕の顔面の好きな場所をクリック
してもらえると励みになります<m(__)m>
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
※顔が表示されない場合にはこちら
にほんブログ村

 


TOEICランキング

-IPO投資, 日本株