米国株投資

オルカンの意味を英語で調べたら、先進国+新興国の50か国構成だった

オルカンの英語の意味

今回は、投資+英語の記事です。

インデックス投資家、
積み上げ投資家の方が、
大好きなオルカンについて、
とある疑問がわいたので、
調べてきました。

[word_balloon id="5" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="think" balloon_shadow="true"]×オール・カントリー(all country)
じゃなくて
〇オール・カントリーズ(all countries)
じゃないの??[/word_balloon]

ちなみに結論は、
オール・カントリー(all country)
であってます。

なぜなのか知りたい方、
そもそも何か国入ってるのか、
など詳しく知りたい方は、
続きを読んでいただけると
うれしいです。

5分もかからず
サクッと読めて、
博識になれます(たぶん)。

countryは可算名詞か、不可算名詞か

可算名詞・不可算名詞とは

ちょっと中学英語ぽくなりますが、
allで複数形になるには、
可算名詞(1個2個と数を数えられるもの)、
である必要があります。

たとえば本(book)は可算名詞です。
1冊、2冊と数えられるので、
複数だとbooksになります。

一方で、不可算名詞は
数えられない名詞です。

幸せ(happiness)は、
数えられないので、
たくさんあっても、
一つしかなくても、
同じhappinessです。

幸せはどんな人も平等なんですね。ドヤッ

countryは可算名詞では?

では、本題に入るのですが、
オール・カントリー(all country)の
countryはどっちなのでしょう?

country=国は、
可算名詞です。

つまりallと組み合わさると、
複数形であるall countries
なるはずなんです。

なんだよ、
間違って商品名を付けたのかよ、
やっぱ日本人の英語はダメだな、
と思ったあなた。

[word_balloon id="6" size="M" position="L" name_position="on_balloon" radius="true" balloon="line" balloon_shadow="true"]いったいいつから、
countryが国だと錯覚していた?[/word_balloon]

実は、
countryには、「国」以外の意味
もあるんですね。

「地域」という意味で使うときは、
なんと不可算名詞に
クラスチェンジ
するんですね。

なので、
all countryは、
×「全ての国」
ではなく
〇「全地域(全世界)」
となるんですね。

すべての国が
組み入れられてるわけでは
ないんですね。

本家アメリカ人はどう思ってる?

オルカンは日本の商品?

でもそれは日本人の解釈でしょ?
と思った方。

[word_balloon id="6" size="M" position="L" name_position="on_balloon" radius="true" balloon="line" balloon_shadow="true"]いったいいつから、
オルカンが日本のものだと錯覚していた?[/word_balloon]

通称オルカン
とみなさんが呼んでいるのは、

三菱UFJ国際投信が運用する
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

のことですよね。

たしかにこれは
日本で作られた商品です。

で・・す・・が・・・!!
この商品の構成を見てみると、

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス
に連動する投資成果をめざして運用を行う

と書いてあります。

MSCIなんたらかんたらって何?

まずMSCIについてですね。
意外と聞いたことある方は多いでしょう。

MSCIは本場アメリカの
インデックス運用会社になります。
自らニューヨーク証券取引所にも
上場されている大企業です。

このMSCIが運用している
インデックスのひとつが、
オール・カントリー・ワールド・インデックス
なんですね。

気づきましたか。
本場アメリカの会社の商品名が、
すでにオール・カントリーなんです。

MSCI All Country World Index

本場アメリカの人が使っているなら、
きっと正しい英語(のはず)ですよね。

なので結論としては、
オール・カントリー(all country)が正しい
となります。

ところで何か国入ってるの?

「全部の国」っていう
意味じゃないのは分かったけど
じゃあ何か国なんよ?
と思ったあなた。

はい、50か国です。
フィフカンズ(fifty countries)ですね。

先進国:23か国
新興国:27か国

だそうです。

入っている国のリストはこちら。
https://www.msci.com/acwi

中国ってまだ新興国扱いなんですね。。

これからは胸を張ってオルカンと呼ぼう

ここまでご覧いただき、
ありがとうございました。

みなさん大好きなオルカンについて、
調べてみました。

結論を最後にまとめると、

〇オール・カントリー(all country)で正しい。
〇50か国の銘柄で構成されている。

ということでした。

これからは胸を張って、
オルカンと呼び続け、
積み立てていきましょう♪

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

この記事を読んだ後のおススメ

オルカンが買いたい!

この記事を読んで、
オルカンを買いたくなってきた!
という方。

楽天証券で購入できますので、
まだの方はぜひ口座開設してみてください。
もちろん無料です。
★楽天証券の口座開設はコチラ!

投資の勉強がしたい!

また、
もっとインデックス投資を勉強したい!
と思った方向けには、
難しいけど一度は読んでほしい、
通称"ランダムウォーカー"をお勧めします。

いわゆる古典的名著で、
玄人投資家の全員が
読んでいるのではないでしょうか?

ぜひ今は読めなくても、
お手元に置いておくことをお勧めします♪

こちらの記事もおすすめ♪

『当ブログ人気記事5選』

【年収上がる】ITエンジニアが転職で有利だった資格3選

PC版Twitterでおススメのショートカット6選

TOEIC970点の僕が教える100点アップする試験テクニック~リスニング編No1~

初心者向け低リスクで始める仮想通貨・DeFi運用を分かりやすく解説

【2021年5月版】コインチェックの口座開設の流れを図解で詳細解説


ブログ村参戦中です。
良ければポチお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterもやってます♪

 

本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-米国株投資