仮想通貨投資 個別株 日本株 米国株投資

<2022年版>仮想通貨・ブロックチェーン 将来性のある本命銘柄50社!日本からは富士通とLINE

仮想通貨・ブロックチェーン 将来性のある本命銘柄50社!日本からは富士通とLINE

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事はこんな人向けの記事です。

  • ブロックチェーンで有望な会社を知りたい
  • ブロックチェーンがどのように
    活用されているか興味がある
  • 仮想通貨関連の投資先を探している

 

【この記事の結論】

  • アメリカの経済紙フォーブス
    発表しているブロックチェーン2022
  • 仮想通貨、ブロックチェーンで
    有望な50社の企業と特徴を紹介

  1. 仮想通貨取引や投資
    コインベース、ホロウィッツなど
  2. NFT
    Adobeやサザビーズなど
  3. サプライチェーン管理
    デビアス、ボーイング、富士通など
  4. 金融・保険
    JPモルガン、MasterCardなど
  5. SNS、IT
    テンセント、メタ、LINEなど

大企業がこぞって投資する仮想通貨へ
投資するならビットフライヤー!

>>ビットフライヤーの口座を開設する

bitFlyer


もっと詳しくビットフライヤー
知りたい人はこちらの記事もどぞ!

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とおすすめポイント

詳細が気になる方は
記事もご覧ください。

5分程度で読み終わる記事です。

■ブロックチェーン50(Blockchain50)とは

米大手経済紙フォーブスが選んだ
「暗号資産とその基盤技術を運用して
サービスを開発・提供している注目の企業50社」

仮想通貨やブロックチェーン技術を使った
サービスやシステムを提供している
先進的な企業を紹介しています。


この記事ではその企業50社の一覧
利用形態の説明、注目企業の紹介
していきます。

ココがポイント

ブロックチェーンの本命銘柄
この企業たちから生まれるに
違いありません。


株式投資の投資先としても
要チェックです。

株式投資なら楽天証券がおススメです。

>>いますぐ楽天証券の口座を開設する

楽天証券 

■ブロックチェーン50(Blockchain50)企業の一覧

では早速  2022年のブロックチェーン50の
企業を一覧でご紹介します。

企業名 ジャンル
Adobe
(アドビ)
アメリカ NFT
Allianz
(アリアンツ)
ドイツ 保険
Andreessen Horowitz
(ホロウィッツ)
アメリカ ベンチャーキャピタル
Ant Group
(アリババ子会社)
中国 金融
Anthem
(アンセム)
アメリカ 保険
Aon
(エーオン)
アイルランド 保険
A.P.Moller-Maersk
(モラー・マースク)
デンマーク 海運
Baidu
(バイドゥ)
中国 IT
BHP オーストラリア 鉄鉱石
Block
(旧スクエア)
アメリカ 金融
BNY Mellon
(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)
アメリカ 銀行
Boeing
(ボーイング)
アメリカ 航空機
Breitling
(ブライトリング)
スイス 時計
中国建設銀行 中国 銀行
CME Group
(シカゴ・マーカンタイル取引所)
アメリカ 先物取引所
Coinbase
(コインベース)
アメリカ 仮想通貨取引所
De Beers
(デビアス)
イギリス ダイヤモンド
Depository Trust & Clearing Corporation アメリカ 金融
Digital Currency Group
(デジタルカレンシー)
アメリカ 仮想通貨総合企業
Fidelity
(フィデリティ)
アメリカ 金融
FTX
(エフティーエックス)
バハマ 取引所
富士通 日本 IT
中国工商銀行 中国 銀行
JPMorgan Chase
(JPモルガン)
アメリカ 金融
Kakao Corporation
(カカオ)
韓国 SNS
LINE Corporation
(ライン)
日本 SNS
Marathon Digital Holdings
(マラソン)
アメリカ マイニング
Mastercard アメリカ 金融
Meta
(旧Facebook)
アメリカ SNS
MicroStrategy
(マイクロストラテジー)
アメリカ IT
(ビットコイン投資)
National Basketball Association
(NBA・全米バスケットボール協会)
アメリカ スポーツ
(NFT)
NCR アメリカ 金融
Nornickel
(ノリリスク)
ロシア レアメタル
Oracle
(オラクル)
アメリカ IT
Paradigm
(パラダイム)
アメリカ ベンチャーキャピタル
PayPal
(ペイパル)
アメリカ 金融
中国平安保険グループ 中国 保険
Providence
(プロビデンス)
アメリカ 医療
Renault
(ルノー)
フランス 自動車
Samsung Group
(サムスン)
韓国 製造
Signature Bank
(シグネチャー銀行)
アメリカ 銀行
Société Générale
(ソシエテ・ジェネラル)
フランス 銀行
Sotheby’s
(サザビース)
アメリカ NFT
Stone Ridge Holdings Group
(ストーンリッジ)
アメリカ ヘッジファンド
Tech Mahindra
(テックマヒンドラ)
インド 財閥
Tencent
(テンセント)
中国 IT
Twitter
(ツイッター)
アメリカ SNS
Visa
(ビザ)
アメリカ 金融
Walmart
(ウォルマート)
アメリカ スーパー
WeBank 中国 銀行

■ジャンル別に特徴と注目企業を紹介

続いて  先ほど紹介した50社を
ジャンルに分けて説明していきます。

1.仮想通貨取引、投資

まずはビットコインやイーサリアムなど、
仮想通貨の取り扱いや投資をしている会社です。

代表的なのは仮想通貨取引所を運営する
アメリカのコインベース

さらに詳しく

日本ではコインチェック
ビットフライヤーが有名です。

仮想通貨の取引手数料で
稼いでいる会社なので
取引量が増えるほど利益がでます。


他にも資産としてビットコインに
投資している会社も多くあります。

有名なのはマイクロストラテジー

さらに詳しく

本業はIT系の会社ですが
投資戦略としてビットコインを
大量に保有しています。

マイクロストラテジーについては
こちらの記事で詳しく解説してます。

ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?


他にも仮想通貨系のベンチャーに投資する
ベンチャーキャピタルホロウィッツ

ビットコインのマイニングで稼ぐ
マラソンなどの企業もあります。

さらには仮想通貨のニュースサイトCoindesk
ビットコイン投資信託運営のGrayscaleなど
仮想通貨系で多角的な事業を展開する
Digital Currency Groupなどもあります。


これらの企業は 仮想通貨の価格上昇や
利用者の増加で大きな恩恵を受けます。

仮想通貨を直接保有しなくても
こういった関連企業の株式に投資することで
間接的に利益を得ることができます。

ココがポイント

株式投資であれば
税金も抑えられるので
仮想通貨投資の税金が
高くて気になるなら
以下のような会社の株を
買ってみるのもありです。


Andreessen Horowitz
(非上場)
アメリカ ベンチャーキャピタル
Paradigm
(非上場)
アメリカ ベンチャーキャピタル
CME Group
($CME)
アメリカ 先物取引所
Coinbase
($COIN)
アメリカ 仮想通貨取引所
MicroStrategy
($MSTR)
アメリカ ビットコイン投資
Stone Ridge Holdings Group
($非上場)
アメリカ ヘッジファンド

Digital Currency Group
(非上場)

アメリカ
仮想通貨コングロマリット

仮想通貨関連の多様なサービスを手掛ける
仮想通貨総合企業。

  • 取引プラットフォーム  Genesis
  • ニュースサイト  Coindesk
  • マイニング  Foundry
  • ビットコイン投資信託  Grayscale

FTX
(非上場)

バハマ
仮想通貨取引所

月間3.5億ドルの利益を挙げる
仮想通貨取引所。
大谷翔平とアンバサダー契約。


Marathon Digital Holdings
($MARA)

アメリカ
マイニング

もともとは特許訴訟(パテントトロール)が
本業だったが、マイニング事業に転換

2.NFT

続いては NFTの作成支援や販売
関する企業です。

イラスト作成ソフトとして有名な
AdobeがOpenSea対応したり、
伝統的なオークションハウスである
サザビーズでもNFTが出品されたり、
2022年にかなり話題となったNFT。

さらに詳しく

イラストは目で見て
分かりやすいという特徴もあって
個人投資家にもかなり
浸透しました。


スポーツ界でも活用が進んでおり、
アメリカのプロバスケットボールNBA
選手のファインプレーなどをNFT化した
NBA Top Shotで9億ドルを売り上げています。

3.サプライチェーン管理(追跡・管理)

普通の生活をしていると気づかないですが、
企業活動にもブロックチェーンが
採用されてきています。

主に輸出や部品管理の手続き・追跡など
サプライチェーン管理を早く安く行うため
ブロックチェーン技術が活用されています。

ココがポイント

さらに高級品の真贋証明や
鑑定書としても活躍します。
ダイアモンドで有名なデビアスや
スイスの高級時計メーカーなども
採用しています。


企業で利用されることが多いのは
IBMがサポートする
ハイパーレジャーファブリックという
ブロックチェーンです。

日本の富士通も欧州の開発拠点で、
水関連の技術開発を行っており、
今回のブロックチェーン50に選ばれています。


A.P.Moller-Maersk デンマーク 海運
BHP オーストラリア 鉄鉱石
Boeing
($BA)
アメリカ 航空機
Breitling スイス 時計
De Beers イギリス ダイアモンド
Nornickel ロシア レアメタル
Providence
(非上場)
アメリカ 医療
Renault フランス 自動車
Samsung Group 韓国 財閥
Tech Mahindra インド 財閥
Walmart
($WMT)
アメリカ 小売り
富士通
(6702)
日本 システム開発
Oracle
($ORCL)
アメリカ システム開発

4.金融・保険

銀行やクレジットカード、証券会社など
お金に関わる会社はやはりブロックチェーンや
仮想通貨の導入に積極的です。

ビットコインが貯まるクレジットカードの発行や
仮想通貨機能付きのキャッシュレス決済アプリ
銀行の金融商品や資産保管業務など
金融系が最も動きが活発です。

さらに詳しく

保険の申請や証書管理、
銀行の内部業務など
バックオフィス業務にも
活用されています。

アメリカには仮想通貨を取り扱うATMもあるとか。

Allianz ドイツ 保険
Anthem
($ANTM)
アメリカ 保険
Aon アイルランド 保険
BNY Mellon
($BK)
アメリカ 銀行
中国建設銀行 中国 銀行
Depository Trust & Clearing Corporation
(非上場)
アメリカ 証券
Fidelity
(非上場)
アメリカ 証券
中国工商銀行 中国 銀行
JPMorgan Chase
($JPM)
アメリカ 銀行
Mastercard
($MA)
アメリカ 金融
PayPal
($PYPL)
アメリカ 金融
中国平安保険グループ 中国 保険
Signature Bank
($SBNY)
アメリカ 銀行
Société Générale フランス 銀行
Visa
($V)
アメリカ 金融
WeBank 中国 銀行

Block
($SQ)

アメリカ
決済アプリ

個人が安全にビットコインを
売買可能なモバイル決済アプリ

1四半期あたり4,000万ドルの
手数料収入あり。


NCR
($NCR)

アメリカ
ATMメーカー

アメリカで3万台のビットコインが
引き出せるATMを提供。

5.SNS・スマホアプリ

最後はSNSやスマホアプリ関連

既存のサービスやアプリに
仮想通貨関連のサービスを加える動きが活発です。

さらに詳しく

中国大手のバイドゥや
テンセントに加え、
韓国系も強くカカオなどが
取り組みを行っています。


アメリカではMeta(旧Facebook)
かなり真剣に取り組んでいます。

日本からはLINENFTや独自仮想通貨の開発
今回50社に選ばれています。

Ant Group 中国 スマホアプリ
Baidu
($BIDU)
中国 スマホアプリ
Tencent 中国 スマホアプリ
Kakao Corporation 韓国 SNS
Meta
($FB)
アメリカ SNS
Twitter
($TWTR)
アメリカ SNS

LINE Corporation

日本
SNS

独自ブロックチェーンLINEを運営。
仮想通貨取引所やNFTマーケットプレイス、
デジタルウォレットなどの機能を提供。

■まとめ

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

お気に入りのブロックチェーン有望企業が
見つかれば幸いです。

改めて記事の内容をまとめます。

【この記事の結論】

  • アメリカの経済紙フォーブス
    発表しているブロックチェーン2022
  • 仮想通貨、ブロックチェーンで
    有望な50社の企業と特徴を紹介

  1. 仮想通貨取引や投資
    コインベース、ホロウィッツなど
  2. NFT
    Adobeやサザビーズなど
  3. サプライチェーン管理
    デビアス、ボーイング、富士通など
  4. 金融・保険
    JPモルガン、MasterCardなど
  5. SNS、IT
    テンセント、メタ、LINEなど

 

大企業がこぞって投資する仮想通貨へ
投資するならビットフライヤー!

>>ビットフライヤーの口座を開設する

bitFlyer


もっと詳しくビットフライヤー
知りたい人はこちらの記事もどぞ!

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とおすすめポイント


仮想通貨について
もっともっと学びたい方は
他の記事もぜひご覧ください!

仮想通貨・ブロックチェーン 将来性のある本命銘柄50社!日本からは富士通とLINE
<2022年版>仮想通貨・ブロックチェーン 将来性のある本命銘柄50社!日本からは富士通とLINE

続きを見る

ビットコインなどの仮想通貨が下落・暴落しても儲かる。空売り(ショート)で利益を出そう!

続きを見る

コインチェックでイーサリアムは買わないで!取引所で買えないからめちゃ損する

続きを見る

【株・不動産・金に続け】ビットコインはインフレ対策資産になれるのか?
【株・不動産・金に続け】ビットコインはインフレ対策資産になれるのか?

続きを見る

【簡単・分かりやすく解説】仮想通貨とは価値のあるデータだ!
【初心者向けに分かりやすく】仮想通貨とは「価値を持ったデータ」だ!

続きを見る

【基礎と特徴を初心者向けに分かりやすく】
最初の仮想通貨:ビットコインとは?【基礎と特徴を分かりやすく】

続きを見る

次のビットコイン半減期はいつ?翌年以降の価格推移を分析する!
次のビットコイン半減期はいつ?翌年以降の価格推移を分析する!

続きを見る

【初心者向け】抑えておきたい主要な仮想通貨4種類と特徴
抑えておくべき主要な仮想通貨4種類と特徴(ビットコイン・イーサリアム・アルトコイン・草コイン)

続きを見る


仮想通貨の口座開設は
こちらの記事で解説!

【両方開設が最強】コインチェックとビットフライヤーはどっちが良いか徹底比較

続きを見る

【取引所の改悪に備えよ!】移管はめちゃラクなので、仮想通貨口座は複数作っておこう!
【取引所の改悪に備えよ!】移管はめちゃラクなので、仮想通貨口座は複数作っておこう!

続きを見る

ビットコイン取引といえば! | bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とおすすめポイント

続きを見る

コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など
コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など

続きを見る

初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説
初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説

続きを見る

【本当はできます】図解手順付き | 楽天銀行→コインチェック入金の振込手数料は無料!!

続きを見る

BITPOINT口座開設手順を図解で徹底紹介

続きを見る


他にも投資記事あります

仮想通貨DeFiの初心者が失敗しがちな3つのポイントと対策
仮想通貨DeFiで失敗しがちな3つのポイントと対策

続きを見る

ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?
ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?

続きを見る

オルカンの英語の意味
オルカンの意味とは?先進国+新興国の50か国構成の超分散型投信

続きを見る

【大富豪】米FRBパウエル議長の年収から資産・経歴まで調べてきた
【大富豪】米FRBパウエル議長の年収から資産・経歴まで調べてきた

続きを見る

IPO投資は宝くじ感覚でドキドキしながら現金余力を有効活用できる
IPO投資は低リスクで現金余力を有効活用できる宝くじだ

続きを見る


ブログランキング参加してます。

この記事が役に立ったら
帰り際に僕の顔面の好きな場所をクリック
してもらえると励みになります<m(__)m>
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
※顔が表示されない場合にはこちら
にほんブログ村

 


TOEICランキング

-仮想通貨投資, 個別株, 日本株, 米国株投資