仮想通貨投資 個別株 米国株投資

ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?

ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事はこんな人向けの記事です。

  • マイクロストラテジーってどんな会社?
  • どれくらいのビットコインを保有してる?
  • Teslaよりたくさんビットコイン持ってるの?

【この記事の結論】

■マイクロストラテジーとは

  • ビットコインの大量購入
    一躍有名になったアメリカの会社
  • 本業はソフトウェア、アプリの会社
  • 本業の業績は赤字
    時価総額はアコムと同じくらいの大企業
  • ビットコイン保有額は数千億円分
    しかも含み益も2000億円以上

マイクロストラテジーの勢いに乗って
ビットコインで爆益を目指すなら
まずは口座開設しましょう♪

【両方開設が最強】コインチェックとビットフライヤーはどっちが良いか徹底比較

コインチェック 口座開設

コインチェック

コインチェックの特徴と
口座開設の詳しい手順を

図解で記事にしてますので
こちらも良ければ参考にどうぞ♪

コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など

初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説


bitFlyer 口座開設

bitFlyer

bitFlyerの特徴はこちらの記事にまとめました。

ビットコイン取引量No.1 | bitFlyerの特徴とおすすめポイント

詳細が気になる方は
記事もご覧ください。

5分程度で読み終わる記事です。

■マイクロストラテジーとは何の会社?

ビットコインの大量購入
一躍有名になったアメリカの会社です。

ところで実際は何やってる会社か
よく知らない人も多いですよね。

この記事では

  • マイクロストラテジーの本業はなに?
  • 本業とビットコインの関連性は?
  • 今後の株価の展望はどうなりそう?

といったあたりにお答えします。

「そもそもビットコインってなに?」
という人はこちらの記事をどうぞ♪

始まりの仮想通貨:ビットコインとは?【基礎と特徴を初心者向けに分かりやすく】

●事業内容はソフトウェアサービス会社

 

まずは事業内容ですね。

日本法人もオープンしているようなので、
公式HPから引用しつつ紹介します。

マイクロストラテジー社公式HP
   

私達のビジョンは、あらゆる場所で
インテリジェンスを実現することです。
私達のアナリティクスプラットフォームは、必要な答えを出し成果につなげます。
全社を挙げてお客様の成功に力を尽くします。


これだと正直、何やってる会社か
さっぱりわかりません...

実際に提供している製品を見てみます。

  • HYPER INTELLIGENCE
  • BUSINESS INTELLIGENCE

IT系の方や経営戦略系の方以外は
なじみがないかもしれませんが、
ざっくりいうと「データ分析のソフト」
を提供している会社ですね。

クラウドサービスもあるようです。


会社のあらゆるデータを分析して
何の事業に注力するかなどの
経営戦略の決定を支援する
ソフトウェアになります。

AIでの分析にイメージは近いので、
「今風のソフトウェアビジネスをしている」
くらいに思ってもらえればいいです。

業績は13億円の赤字、時価総額は7300億円

つづいて、業績や時価総額など、
投資家目線で見ていきますね。

米国のYahooファイナンスで確認します。

ティッカーコードは $MSTR です。
NASDAQに上場してます。
従業員は約2,000人と大きめの会社。

2021/8/6時点の終値は $748.72 です。
株価は直近高値($1,066)の70%くらいで、
最近再び強くなってきているようです。

時価総額は、73億ドル(7300億円) で、
日本企業で言うと、アコムや
SBIと同じくらいの規模のようです。

ただ、残念ながら業績は冴えません。。

2020年はなんと通年で赤字です。
 売上高:1年で4.8億ドル(480億円)
 営業利益:-0.13億ドル(13億円)

売り上げも毎年徐々に
下がってきてます。

ビットコインなんて
買ってる場合なんでしょうか??

マイクロストラテジーはなぜビットコインを買っているのか

ことの発端は2020/8/11。
こちらのニュースレターですね。

MicroStrategy Adopts Bitcoin as Primary Treasury Reserve Asset
(和訳)
マイクロストラテジーはビットコインを
主要な財務準備資産として採用します。

つまり、預金よりも株式よりも、
会社の資産をビットコインで保有する
と発表したんですね。

より詳細な戦略・思惑については、
TIME誌の記事がありました。
  >>こちらは別途、和訳しますね。

ざっくりいうと、

✅コロナ禍で経費の支出が減って、現金準備が増えた
✅でも中央銀行が現金をバンバン刷るので、現金の価値が下がる
✅なので価値保存のため、デジタルゴールドと言われるビットコインの購入に踏み切った

ということですね。

マイクロストラテジーのビットコインの保有量は?

こちらの最新(2021/6/21)の発表によると、

ビットコインの総保有量

105,085BTC

1BTC45,000ドルで計算すると、
約47億ドル(4700億円)です。

一方で現金資産は、
5600万ドル(56億円)です。

つまり資産のほとんどを
ビットコインに変えてます。
現金はほとんど持ってないですね。

つまり、
会社としてビットコインに
フルインベストしてます。

ちょっと普通の神経では、
できないですね。。

では、この戦略は
果たしてうまくいっているのか?

要は儲かっているのか、
損しているのか。

マイクロストラテジーとTeslaだとどっちがビットコインをたくさん持ってる?

ビットコインの保有量で言えば、
Teslaも有名ですよね。

Teslaの保有量は、
42,069BTC
です。

105,085BTC保有している、
マイクロストラテジーは、
Teslaの倍以上持っている計算です。

やはりダントツで保有していますね。。

マイクロストラテジーのビットコインの平均取得単価は?

ニュースリリースによると、

平均取得単価は、
1BTCあたり26,080ドルとのこと。

現在、(2021/8/9)のビットコインは、
1BTC約45,000ドルです。

1BTCあたり2万ドル(200万円)の含み益
そして、保有数は105,085BTC。

掛け算しますと・・・・、

なんと
20億ドル(2,000億円)の含み益

本業の売上高が1年で4.8億ドル(480億円)
営業利益は、-0.13億ドル(13億円)
ですよ。

完全にビットコイン投資の会社です。。

社員さんは、
本業をやってるんでしょうか?
ビットコインの分析を
やっているんでしょうか?

2000億円あれば、
なんと東京ドームが6つ建つそうです。
東京ドーム6個分です。

1つの会社のビットコイン利益だけで、
セ・リーグが開催できてしまいます。

直近でかなり厳しい下げの場面でも、
約28,000ドルくらいだったので、
ずっと含み益をキープしています。

控えめに行って、
この賭けは大成功でしょう。
ただし、残念ながら株価は伸び悩んでます。

ある程度の上昇は織り込み済みなのと、
本業の伸びが良くないからでしょうね。

この増えた資産をベースに、
新しい事業の買収や研究開発をして、
本業も活性化すれば、
一気に成長するかもしれません。

ビットコインの技術を使った
サービスなどを提供すれば、
親和性も高そうなので注目です。

まとめ:もはやマイクロストラテジーはビットコインの会社

ここまでご覧いただき、
ありがとうございました。

今回は、
ビットコイン大好きおじさん
Michael SaylorがCEOを務める、
マイクロストラテジーについて
まとめてみました。

やはりビットコイン投資には夢がありますね。
最近は相場も復調してきたので、
まだまだ期待ができると思います。

改めて記事の内容をまとめます。

【この記事の結論】

■マイクロストラテジーとは

  • ビットコインの大量購入
    一躍有名になったアメリカの会社
  • 本業はソフトウェア、アプリの会社
  • 本業の業績は赤字
    時価総額はアコムと同じくらいの大企業
  • ビットコイン保有額は数千億円分
    しかも含み益も2000億円以上

マイクロストラテジーの勢いに乗って
ビットコインで爆益を目指すなら
まずは口座開設しましょう♪

投資初心者の人向け

コインチェック 口座開設

コインチェック


少し投資に慣れてる人向け

bitFlyer 口座開設

bitFlyer

bitFlyerの特徴はこちらの記事にまとめました。


仮想通貨について
もっともっと学びたい方は
他の記事もぜひご覧ください!

ビットコインなどの仮想通貨が下落・暴落しても儲かる。空売り(ショート)で利益を出そう!

続きを見る

コインチェックでイーサリアムは買わないで!取引所で買えないからめちゃ損する

続きを見る

【株・不動産・金に続け】ビットコインはインフレ対策資産になれるのか?
【株・不動産・金に続け】ビットコインはインフレ対策資産になれるのか?

続きを見る

【簡単・分かりやすく解説】仮想通貨とは価値のあるデータだ!
【初心者向けに分かりやすく】仮想通貨とは「価値を持ったデータ」だ!

続きを見る

【基礎と特徴を初心者向けに分かりやすく】
最初の仮想通貨:ビットコインとは?【基礎と特徴を分かりやすく】

続きを見る

次のビットコイン半減期はいつ?翌年以降の価格推移を分析する!
次のビットコイン半減期はいつ?翌年以降の価格推移を分析する!

続きを見る

【初心者向け】抑えておきたい主要な仮想通貨4種類と特徴
抑えておくべき主要な仮想通貨4種類と特徴(ビットコイン・イーサリアム・アルトコイン・草コイン)

続きを見る


仮想通貨の口座開設は
こちらの記事で解説!

【両方開設が最強】コインチェックとビットフライヤーはどっちが良いか徹底比較

続きを見る

【取引所の改悪に備えよ!】移管はめちゃラクなので、仮想通貨口座は複数作っておこう!
【取引所の改悪に備えよ!】移管はめちゃラクなので、仮想通貨口座は複数作っておこう!

続きを見る

ビットコイン取引といえば! | bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とおすすめポイント

続きを見る

コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など
コインチェックの特徴とメリット・デメリットまとめました:手数料・銘柄の種類・取引所と販売所の比較など

続きを見る

初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説
初心者にも分かりやすく | 図解でコインチェックの口座開設を詳細解説

続きを見る

【本当はできます】図解手順付き | 楽天銀行→コインチェック入金の振込手数料は無料!!

続きを見る

<3,000円もらえるキャンペーン実施中!>BITPOINT口座開設手順を図解で徹底紹介

続きを見る


他にも投資記事あります

仮想通貨DeFiの初心者が失敗しがちな3つのポイントと対策
仮想通貨DeFiで失敗しがちな3つのポイントと対策

続きを見る

ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?
ビットコイン大好きマイクロストラテジーとはどんな会社?

続きを見る

オルカンの英語の意味
オルカンの意味とは?先進国+新興国の50か国構成の超分散型投信

続きを見る

【大富豪】米FRBパウエル議長の年収から資産・経歴まで調べてきた
【大富豪】米FRBパウエル議長の年収から資産・経歴まで調べてきた

続きを見る

IPO投資は宝くじ感覚でドキドキしながら現金余力を有効活用できる
IPO投資は低リスクで現金余力を有効活用できる宝くじだ

続きを見る


ブログランキング参加してます。

この記事が役に立ったら
帰り際に僕の顔面の好きな場所をクリック
してもらえると励みになります<m(__)m>
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
※顔が表示されない場合にはこちら
にほんブログ村

 


TOEICランキング

-仮想通貨投資, 個別株, 米国株投資