TOEIC 英語学習

社会人がTOEIC800点から1年アプリ利用で900点まで100点上げる話

ご覧いただき
ありがとうございます。


[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"]<この記事を書いている人>
・名前:たま
・特徴:10年間でTOEICを595点から970点までスコアアップ
・思い:これからTOEICの勉強する方の参考になれば・・・
[/word_balloon] [word_balloon id="2" size="M" position="R" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"] <この記事を読んでほしい人>
・大学生や社会人の方!
・TOEICのスコア伸ばしたい!
・就活や転職、社内試験などで有利になるスキルがつけたい!
・ツイッターでフォローしてくれてる優しいみなさま [/word_balloon]

今回もご覧いただき
ありがとうございます!

今回の記事は3分程度で
読める内容となっています。

読みたくなったところまで、
気軽にご覧ください。

TOEICを400点近くスコアアップした方法

こんにちは、たまです。

今回の記事シリーズでは、
僕の体験記をもとに、
就活を控えた大学生さんや、
社会人が昇格や転職のため、
TOEICの点数を上げていく
勉強法をご紹介します。

大学生のときに600点だった点数も、
700→800→900→970と
10年以上の期間をかけて、
徐々にゆるくスコアアップしてきました。
僕の方法であればだれでも
実現できるはずです。

ぜひご覧いただければと思います。

英語ができることで得られた
メリットはたくさんあります。
●単純に会社で評価される
●英語のドキュメントが読める

●英語できてすごいです、
 と言われてうれしい
●転職で成果絶大

実際に、僕はTOEIC930点の時に、
一社狙いで転職活動して、
英語も評価されてキャリアアップしました。
#年収は1.5倍になりました!

転職の話は別途記事にするとして、
今回はまずはスコアの履歴について、
ご紹介させていただきます。

計9回受験してますので、

3-4回ずつの複数回に渡って、

お送りしたいと思います。

#9回分一気に書く
#気力がなかっただけです。。

今回は、第二回
「爆発」編
です。

 

●前回の記事はこちら

TOEIC600点@大学生から社会人3年目で800点まで200点上げる話

<TOEIC スコア履歴>

※クリックで拡大できます。





四回目@社会人5年目@870点

社会人2-4年目はブラックな職場で、
毎朝30分間、上司から罵倒される
ミーティングがあり、
心がベッキベキにおられた時期。


このころは早く転職したく、
そのための手っ取り早いスキルや
資格の勉強を中心にしてました。
#この時にIT資格を10個くらい取りました。
#これはまた別の機会に。


今思えば、生存本能だったのでしょう。
生きるためにここから抜け出さねば、
という強迫観念で勉強してた気がします。
このころの土台は今でも役に立っています。
そして絶対にもう体験したくないです。。


さて、もはや前職となったこの会社ですが、
いいところは数年ごとに部署異動があること。
耐えればリセットできるので、
時間がすべてを解決することを悟ったのもこのころ。


異動先はグループ内の、
ベンチャー子会社!
もうね、雰囲気が180度違って、
みんな若くてオープンで活気があって。

 

英語とかも周りの人
が勉強してたので、
一緒に勉強したりして、
初めて前向きに英語に
取り組んでいたころです。


この時は会社の補助もあって、
いくつか教材を試してました。


またこのころから、
強化するならPart5が
一番手っ取り早いと思い、
Part5対策に力を入れました。

その時に利用していたのは、
ヒロ前田さんのこの本です。

 

あとはリスニングについては、
自分が話せない単語は聞き取れない、
と聞いて音読系の学習も開始。


なお、家で音読をすると、
嫁さんから変な目で見られる、
という辱めを乗り越える
必要がありました。。


音読系の学習方法は、主に二つ。
・シャドーイング
・リピーティング


シャドーイングは個人的には
あんまり効果を感じなかったので、
リピーティングをメインでやってました。
が、リピーティングはかなり難しいので、
あまりこのころは効果がなかったかも。

お風呂に入っているときに、
防水スピーカーでリピーティングしてました。

音読するならベストはこの本ですね。
初級でも十分難しいので、
まずは初級からの挑戦がおススメです。



 

そしてこのころの
最大の強化ポイントが
単語力。

同じことを淡々と
繰り返すのが苦手で、
とにかく暗記ができない。。

なので、以下を重視して
教材を選定しました。

・ほかの活動と組み合わせる
 →音源で繰り返し聞く

・アプリで楽しくできる
 →なんかやる気と効率でそう

ということで、以下の二つを取り入れました。
●キクタン


そしてこの時のメインが、
★iKnow


単語力が足りなかったので、
これで集中的に勉強していました。
なんかエビングハウスの
忘却曲線を意識して、
記憶定着に最適なタイミングで
問題だしてくれるとかくれないとか?


このころは英語学習が楽しくて、
一緒に勉強する仲間もいたので、
1日1時間~1.5時間くらいで、
ほぼ毎日勉強してたかな。


ただし、この時にひとつ問題があり。

異動したグループ会社には、
会社負担で毎年TOEICを
受ける仕組みがない・・・。


よく考えたらまあそれが普通で。
この時にようやく(英語学習には)
恵まれていた環境に
いたことに気づきました。

定期的に受けることで、
問題傾向や試験への対策、
時間配分、解く順番、
騒音対策、集中力のアップダウン、
分からない問題にはまらないメンタル、
連続して解けなかった時の
絶望感からのリカバリ。


2時間という長丁場を戦い抜くには、
経験と対策・実践がやはり必要で、
本番の試験に勝るものはないです。


その点で、会社負担で、毎年、
会社の会議室で手軽に受けられる、
というのは本当に最高に施策です。


全員に受けさせるのは
費用の無駄な気がするけど、
僕のように目覚める人も何人かいるので、
経費が余った年末に駆け込みでやるには、
いい施策かもしれません。


なので、この時は大学生ぶりに、
自費で一般受験しました。


一般受験だと、
・休みがつぶれる
・遠い会場まで行くのが面倒
・お金もかかる
・試験開始前の変な待ち時間が長い
とデメリットだらけ。


でも、受験生の意欲は
会社で受けるより高いので、
周りから刺激をもらえるのはいいかも。


というとで、今回はだいぶ前置きが
長くなりましたが、
ようやく試験結果です。

 

結果は・・・・・。
870点!
 Listening:430
 Reading:440

 

 

ええ、とんでもない数字が出ました。

結構勉強したし、
そこそこ手ごたえもあったものの、
この点数は予想していなかったです。

ここで、
 これはがんばれば満点を目指せるのでは?
と思い始め、
さらなる英語学習に
熱を入れていくことになります。


ちなみにこれは自費受験なので、
会社には点数を報告せずに、
ひっそりと生きていました。
※実際にちゃんと会話できるレベル
※になるまでは言いたくなかった。


次回、さらなる覚醒が僕を襲います。
ぜひ、次回もご覧ください。

おすすめ学習方法(スタサプ一択)

そんな僕が、いま英語学習で
愛用しているのは、
スタディサプリ
というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称で
※CMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

いまなら7日間無料で試せるので、
ぜひ一度やってみてもらえると嬉しいです♪

良いところをまとめると

●桐谷美鈴さんがCMしてる(かわいい)

●アプリが使いやすい

●TOEIC形式の問題が2000問以上

●動画講義がめちゃ分かりやすい

●文法・単語の学習もできる

TOEIC900点くらいの時から
利用しているのですが、

文法の基礎や考え方の動画講義は、
本当に参考になりました。
根本的な英語力が上がった気がします。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!

↓このリンクから飛べます。


過去記事もぜひご覧ください。

本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-TOEIC, 英語学習