TOEIC 英語学習

社会人がTOEIC900点を突破した勉強方法とテクニックを教えます!

Thank you for your visiting.

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"]<この記事を書いている人>
・名前:たま
・特徴:10年間でTOEICを595点から970点までスコアアップ
・思い:これからTOEICの勉強する方の参考になれば・・・
[/word_balloon] [word_balloon id="2" size="M" position="R" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"] <この記事を読んでほしい人>
・大学生や社会人の方!
・TOEICのスコア伸ばしたい!
・就活や転職、社内試験などで有利になるスキルがつけたい!
・ツイッターでフォローしてくれてる優しいみなさま [/word_balloon]

今回もご覧いただき
ありがとうございます!

今回の記事は5分程度で
読める内容となっています。

読みたくなったところまで、
気軽にご覧ください。

TOEICを400点近くスコアアップした方法

こんにちは、たまです。

今回の記事シリーズでは、
僕の体験記をもとに、
就活を控えた大学生さんや、
社会人が昇格や転職のため、
TOEICの点数を上げていく
勉強法をご紹介します。

大学生のときに600点だった点数も、
700→800→900→970と
10年以上の期間をかけて、
徐々にゆるくスコアアップしてきました。
僕の方法であればだれでも
実現できるはずです。

ぜひご覧いただければと思います。

英語ができることで得られた
メリットはたくさんあります。
●単純に会社で評価される
●英語のドキュメントが読める
●英語できてすごいです、
  と言われてうれしい
●転職で成果絶大

実際に、僕はTOEIC930点の時に、
一社狙いで転職活動して、
英語も評価されてキャリアアップしました。
#年収は1.5倍になりました!

転職の話は別途記事にするとして、
今回はまずはスコアの履歴について、
ご紹介させていただきます。

計9回受験してますので、
3-4回ずつの複数回に渡って、
お送りしたいと思います。
#9回分一気に書く
#気力がなかっただけです。。

今回は、第三回
「覚醒」編
です。

●前回まで記事はこちら
TOEIC600点@大学生から社会人3年目で800点まで200点上げる話
社会人がTOEIC800点から1年アプリ利用で900点まで100点上げる話

<TOEIC スコア履歴>
※クリックで拡大できます。

五回目@社会人6年目@930点

前回試験後の勉強スタイル

さて、前の試験で高得点を
叩き出した余韻によって、
俄然、英語へのモチベーションが高い状態。

高得点→勉強のやる気Up→高得点という、
いいスパイラルに入ってました。

前回の学習方法で結果が出たので、
基本的には継続してました。

★学習方法は前回記事をご覧ください。
社会人がTOEIC800点から1年アプリ利用で900点まで100点上げる話

ただし、このころは私生活が
かなりキツかった。
仕事では新しいプロジェクトが炎上。
嫁さんはつわりがひどすぎて休業。
しかも切迫早産で入院。

心身がボロボロになりつつ、
助かったのは英語学習が習慣に
なっていたこと。

特にがんばるぞ、という気合なしで、
一日の生活のポイントで、
自然と勉強できていたのがよかったです。

このころはスマホを多用していたので、
簡単にアプリを開いて学習する、
音源から英語を聞く、
というのがスムーズにできていましたね。

だいたいは、こんな感じでした。

・朝の寝起きに目覚ましがてらに
 iKnow 15分くらい。
・朝の準備しながら、
 英語のストーリーを聞き流し
・駅までの徒歩はキクタンを聞く
・電車ではPart5対策アプリ
・お風呂で音読

単語の記憶には寝る前にやって、
寝て起きたら復習がいい、
とよく聞きますが、
これはうまくいきませんでした。

そもそも寝る前にする系の
活動は苦手です。
眠たいのに、これしないと寝れないのか、
と思うのとイヤになるからです。
※常に睡眠限界まで
※行ってから寝るので・・・。

規則正しく、寝る時間を決めて、
逆算できる人にはぜひおススメです。

基本的には、
日々の生活や学習では、
英語力の向上はあまり実感しません。

たいてい、問題を真剣に解いて、
はっと英語力の向上に気づくことが多い。

さて、そんなこんなで勉強をしつつも、
次回いつ受けるかはあんまり考えてなく。
次は900点を超えれる自信がついたら、
受験しようとなんとなく思っていました。

TOEIC対策とテクニック

しかし、TOEICはいつも、
思わぬタイミングでやってくるのです。

年度末に予算が余りそうらしく、
この時の部署でもTOEICを会社負担で実施に。

ちょうどこのころ、妻は出産のために里帰り。

急に時間がたくさんできたので、
これはTOEICに全力コミットでは?
と思い立ち、
基礎力はある程度ついてきたいと想定して、
TOEIC特化型の勉強を開始します。

ずばり、解答テクニックの習得と、
問題への慣れ、です。

このため、公式問題集と模擬問題集、
直前のテクニック本を購入して、
試験対策を実施しました。


ここでは各パートごとに、
簡単に対策方法と
自分の解答方法をお伝えします。

<リスニング>
・リスニングはいかに先読みができるか、
で点数が大きく変わってきます。
・先読みにはいくつかパターンがありますが、
今回は私の実施している方法をお伝えします。

まず、最初のアナウンスが読み上げられます。
これはいつも同じなので聞く価値なしです。
先の問題文を事前に読みます。
ここでPart1から読むか、Part3から読むか。
僕はPart3を読みます。

次にPart3のどこを読むか。
問題文だけか、選択肢も含むか。

僕は問題文だけ読みます。
そしてそれを日本語と同じレベル
でしっかりと理解します。
#脳内で和訳してます。

選択肢は見ません。

これを最初のアナウンス中に
どこまでできるか。
これによってリスニングでの
余裕がだいぶ変わってきます。

Part1


Part1は写真問題です。
写真を見て、最も当てはまる
選択肢を選びます。
これにもいくつかパターンがあり、
写真を見るポイントがあります。

●おもに何が写っているか
(男性?女性?人数は?、
   クルマやボート等)
●どんな動作をしているか
(見てる、話している、指さしている)
●位置関係は
(隣、正面、並んでいるなど)
●服装
(半袖?長袖?帽子)
●何か持ってるか
(楽器とか書類とか)
・・・・

慣れてくれば問題によって、
どこを集中してみればいいか、
なんとなくわかるようになります。

そしてPart1で一番大事なこと、
それは必要以上に落ち込まないこと。

Part1は簡単だとうわさされてたり、
試験開始直後だったりして、
意外と手ごわいです。

分からない、自信がない問題が、
数問でてくることもあるでしょう。
※僕もよくあります。

そんな時に、それを引きずったり、
時間をかけすぎてしまうのは厳禁。

これが一番やったらダメなことです。
できなかったことをいったん忘れて、
次々ととやっていくようなメンタル
コントロールが大事です。

なので、うまくいかないことがある、
と理解したうえで、切り替える練習を
しておけばよいです。
※そう簡単ではないですが・・・・。

Part2

Part2
Part2は、集中力がカギです。
1問しか読まれない、
問題文が書いていないので、
完全に耳だけが頼りです。
そして大事なところを聞き逃すと、
ほぼ正解できません。。
30問、ずっと集中できるのは
容易ではありません。
少なくとも僕には無理です。

なので、1問終わるごとに、
深めの呼吸をしてリセット、
というルーティンで
短期集中→リラックス、
を繰り返すようにしています。

そしてここでは、
なんといっても文頭を聞き取る能力
これが最重要です。

最初がwhatなのかwhoなのか、
whereなのか、
これで答えがだいぶ絞られます。

あとは、なんか定番の受け答え、
みたいなやつがあります。

どっちかって聞いてるので、
どっちもいいよ、とか。
誰がやるのかと聞いてるのに、
ボスに確認しなきゃ、とか。

はっきり答えろよと思うような
問題があるので、
これは事前の学習で
積み上げるしかないですね。

選択肢を聞いて、
しっくりくるのがなかったら、
なんかよくわからん熟語で、
ごまかしてそうなものを選ぶようにしてます。

そしてここでもメンタルコントロール
が本当に大事です。

Part2はどんどん進んでいくので、
分からなかった、とか
もうちょっと考えたい、

でテンポが遅れたり、
次の問題の準備ができないと、
どんどん悪いリズムに入って、
悪循環に入っていくので、
それに気づいたら
1問捨ててでもいいので、

リズムを取り戻すことを
最優先にしてください。

絶対にわからない問題には
出くわすし、連続で難しいのが来る
ブロックがあります。
そこは割り切って、次に行けるように。
心がけも大事ですが、
ここは試験慣れもやっぱり大事です。


ちょっと書くのが疲れてきたので
Partごとの攻略は別記事で
改めてまとめますね。

さて点数は?

そんなこんなで割としっかりと
対策と練習を実施して挑んだ今回。

最後の1か月は1日2~3時間は
勉強していたと思います。

さてさて、お楽しみの結果です!

この回は、こんな感想でした。
・初めてしっかり解いて時間が余った
・リーディングは手ごたえ十分
・リスニングはまだまだ


930点!!!
 リスニング:455
 リーディング:475



900点の壁をあっさり
超えてきました。

これには社内もざわつきます。
なんだなんだとお祭り騒ぎ。
目立ちたくない僕には苦痛でした。

社内の英語得意おじさんから、
ライバル認定されて、
仲良くしてもらえたりしました。

ここまで来ると、
当然次回の目標は
990点!

このペースで達成してしまうのか。
次でこのシリーズは終わりなのか。

次回、「低迷」編をお楽しみに。

おすすめ学習方法(スタサプ一択)

そんな僕が、いま英語学習で
愛用しているのは、
スタディサプリ
というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称で
※CMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

いまなら7日間無料で試せるので、
ぜひ一度やってみてもらえると嬉しいです♪

良いところをまとめると

●桐谷美鈴さんがCMしてる
 (かわいい)

●アプリが使いやすい

●TOEIC形式の問題が
  2000問以上

●動画講義が
  めちゃ分かりやすい

●文法・単語の学習もできる


TOEIC900点くらいの時から
利用しているのですが、

文法の基礎や考え方の動画講義は、
本当に参考になりました。
根本的な英語力が上がった気がします。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!

↓このリンクから飛べます。

 

過去記事もぜひご覧ください。
TOEIC600点@大学生から社会人3年目で800点まで200点上げる話
社会人がTOEIC800点から1年アプリ利用で900点まで100点上げる話


英会話派なんですけど?、
という方はいちさんの
こちらの記事もおすすめですよ。

本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-TOEIC, 英語学習