Part5 TOEIC

TOEIC Part5 解き方徹底解説 #6(勤労学生も労働組合が欲しい!)

TOEIC Part5の解き方
徹底解説シリーズです。

このシリーズでは、
TOEIC970点の僕が
Part5をどのように解いていくか、
頭の中を解説していきます。

解き方の参考になると幸いです。

#06

練習問題
https://english-learninghelp.com/toeic-grammar/

問題はこちらのサイトから引用させていただきます。

スポンサーリンク

 

問題

A labor union was established in ------- of common interest by working students.

(A) postage
(B) pain
(C) pursuit
(D) partner

 

step
1
まずは選択肢を眺めます。

選択肢を見るとすべて違う単語なので、意味を考えながら解く難しい問題ですね。。。

 

step
2
次は空所の近くを読みます。

まずは空所の前後から見ていきましょう。

in ---- of と前後どちらも前置詞ですね。

基本的には前置詞の後ろは名詞なので、ここには名詞が入りますが選択肢はすべて名詞。。。

なので意味から解いていくしかないので、おとなしく文頭から意味をとっていきます。

 

step
3
文の意味をとっていく

まずは文頭からかたまりに分けて意味をとっていきます。

日英対訳

A labor union was established

"労働組合が設立された"

日英対訳

in ---- of common interest

"共通の利益の----のために"

日英対訳

by working students

"勤労学生によって"

ということで、勤労学生が労組を設立した目的が空所に入りそうです。

 

step
4
選択肢から絞り込んでいく

改めて選択肢の意味を考えていきます。

(A) postage:郵便料金
(B) pain:痛み
(C) pursuit:追求
(D) partner:仲間、パートナー

労働組合の目的としては、労働環境などの利得を確保したりすることなので、CかDかなーというところ。

続いて in , of との相性を考えます。

partnerという人間ぽい名詞にinはくっつきにくいのでDを消去。

となると消去法でC。"利益の追求"で意味も通りそうなのでOKかな。

(C) pursuit:追求


この問題はまずまず難しかったですね。。。

ちなみに、in pursuit of:"~を追及して"というイディオムを知っていれば、空所前後と選択肢だけで解けます。

僕は恥ずかしながら知らなかったので、消去法で解いていきました。

単語やイディオムを覚えていくのも大事ですね。
#僕は苦手です。。。

 


この問題はイディオムを知っていれば秒で回答できた問題でした。イディオムは問題を解きながら少しずつ増やしていくのがおすすめです。

そのためには、

ココがおすすめ

解説がしっかりしている参考書や問題集がおススメです♪

僕もできるようになるにはだいぶ時間がかかりました。。

最終的にマスターできたのでは、スタディサプリというアプリのおかげでした。
本気でTOEICのスコアアップを目指すなら、スタサプが最も近道です!
いまなら無料でお試しできます。

スタサプの無料おためしはこちら


「月額制のアプリはちょっとなぁ・・・」という方には、買い切りの書籍で解説が充実しているこちらもおススメです♪

 


こちらの記事もおススメ

スポンサーリンク

 

 

本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-Part5, TOEIC