TOEIC 英語学習

TOEIC S&W受けたり、NOVAに行ってみた話

Thank you for your visiting.

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"]<この記事を書いている人>
・名前:たま
・特徴:10年間でTOEICを595点から970点までスコアアップ
・思い:これからTOEICの勉強する方の参考になれば・・・
[/word_balloon] [word_balloon id="2" size="M" position="R" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"] <この記事を読んでほしい人>
・大学生や社会人の方!
・TOEICのスコア伸ばしたい!
・就活や転職、社内試験などで有利になるスキルがつけたい!
・ツイッターでフォローしてくれてる優しいみなさま [/word_balloon]

今回もご覧いただき
ありがとうございます!

今回の記事は5分程度で
読める内容となっています。

今回の記事は、
少し閑話休題で、
特殊なTOEICの受験と、
英会話の体験について、
書いています。

あまり見ないような情報だと思うので、
珍しもの好きな方は、
ぜひご覧ください。

TOEICを400点近くスコアアップした方法

こんにちは、たまです。

今回の記事シリーズでは、
僕の体験記をもとに、
就活を控えた大学生さんや、
社会人が昇格や転職のため、
TOEICの点数を上げていく
勉強法をご紹介します。

大学生のときに600点だった点数も、
700→800→900→970と
10年以上の期間をかけて、
徐々にゆるくスコアアップしてきました。
僕の方法であればだれでも
実現できるはずです。

ぜひご覧いただければと思います。

英語ができることで得られた
メリットはたくさんあります。
●単純に会社で評価される
●英語のドキュメントが読める
●英語できてすごいです、
  と言われてうれしい
●転職で成果絶大

実際に、僕はTOEIC930点の時に、
一社狙いで転職活動して、
英語も評価されてキャリアアップしました。
#年収は1.5倍になりました!

転職の話は別途記事にするとして、
今回はまずはスコアの履歴について、
ご紹介させていただきます。

計9回受験してますので、
3-4回ずつの複数回に渡って、
お送りしたいと思います。
#9回分一気に書く
#気力がなかっただけです。。

今回は、
「閑話休題」編
です。

●前回まで記事はこちら
TOEIC600点@大学生から社会人3年目で800点まで200点上げる話
社会人がTOEIC800点から1年アプリ利用で900点まで100点上げる話
社会人がTOEIC900点を突破した勉強方法とテクニックを教えます!
TOEICでスコアが900点くらいで伸び悩んだらどうするか?

<TOEIC スコア履歴>
※クリックで拡大できます。

閑話休題@TOEIC Speaking&Writing

さて、最終章に入る前に、
もうちょっと緩い記事を
おまけのように。

実はTOEICにはいくつか種類があります。

①Listening & Reading Tests
いわゆるTOEICと言えばこれ。
2時間でリスニングとリーディングの
スキルを図る試験です。

②Speaking & Writing Tests
あまり知られていませんが、
SpeakingとWritingのスキルを
図る試験もあります。

③TOEIC Bridge
初心者向けのTOEICですね。
いきなり普通のは難しいという方向けに、
簡単な内容になってます。


これまで受けてきたのは、
王道である①Listening & Reading Tests。
ほとんどの人がこれを受けます。

しかし、会社の人事育成施策は、
何か変化を求められれば、
すぐに新しいことを余った予算でやり始めます。

ということで、TOEIC高得点者限定で、
②Speaking & Writing Testsを
会社補負担で受けることに。

これを受けたことある人は
なかなかレアではないでしょうか?

ひとまず試験の方法から謎なので、
少し調べてみました。

TOEIC S&Wテスト

結論、パソコンに向かって、
しゃべったり文字を打ち込んだりする、
というテスト形式らしい。

パソコンに向かってしゃべるのは、
なかなかシュールな絵だなと。
録音で後で採点なのか、
AI的な判定なのかは、
不明です。。

一応、参考書も買ってみましたが、
あんまりやる気も出ずに、
パラパラ眺めた程度。


さて、なんだかんだですぐに試験の日。
会社の会議室にパソコンが
何台か集められ、
英語得意そうな面々が終結。

みんな一緒に受けるんだ、と思いつつ、
なんか説明とか聞いて
パソコン前にセッティング。

たしか最初が、スピーキング20分
だったと記憶。

そしてここで早くもこの試験の
おもしろハイライトが!

イヤホンから出てくるお題に対して、
マイクに英語で答える、
というタイプの問題だったのですが、
全員に同じタイミングで同じ問題がでます。
それを受けて全員が同じタイミングで
マイクに向かって話します。

会議室は密(コロナ前)です。

はい、そうです。

みんなの声がめっちゃ聞こえてきて、
集中できないわ、内容引っ張られるわ。

早く終わると負けみたいな雰囲気が出来上がり、
みんな長文をしゃべる。
話始めは恥ずかしいからスタート遅れる。

完全に罠だらけでの試験で、
めっちゃ笑いながら答えました。

そのため、ライティングはほぼ記憶ありません。。
テキストが表示されて、そのお題に沿って、
自分の体験とか入れながら、
英語の文書を書いていく感じの試験だったはず。

ということで、面白い体験をして、
試験を終了。

一緒に受けたメンバとは、
なぜの連帯感がありました。

そんなこんなで点数です。

290点
 Speaking:130点
 Writing:160点




うん、良いのか悪いのかさっぱり。
各200点で計400点が満点なので、
7割くらい?

まあ、話すのは日本語でも苦手だし、
面白イベントになったので、
こんなもんでしょ、って感じでした。

Writingは手ごたえなかった割には
まあまあなのかな。


ひとまず、こんな試験あるんだな、
くらいで終わった試験体験でした。

とはいえ、アウトプットスキルは不足しているので、
ひそかに鍛えたいと思っていました。

閑話休題②@NOVA

ということで、やはりしゃべる能力を高めるには、
英会話がいいんじゃないかと。

ほっておくと全然英語はしゃべらないし、
書かないので、そういう場を探してました。

過去に会社の補助でベルリッツに通ったときは、
結構ハードだけど上達できた気がしました。
この時はマンツーマンで24回くらいのコース。

ただ、予約して行くのが面倒で、
しかも行った先で外国人と英語で30分しゃべる、
という苦行を味わうので、
なかなか足が進まず・・・。

そのうち期限がぎりぎりになり、
コース完了しなかったら、
会社からの補助が受けれなくて
自腹(20万円)になるので、
追い込んで通学開始。

相手もがっつりネイティブの英・米・加の人が
中心だったので、しっかり話せました。

ただし、自腹で行くには高すぎるので、
ベルリッツはここでおしまい。


その後は、オンラインの英会話を
いくつか体験しましたが、
家でやると家族の邪魔がすごいし、
予約してその時間まで待ってるのも苦手、
(ぱっと思い立って5分後に受けたいタイプ)で、
なかなかしっくりこず・・・。

レアジョブとか、いくつか試してみたけど、
そもそもオンライン英会話が
自分には向いてないので、断念。

そんな折、久しぶりにNOVAの広告を発見。
もはやうさぎと経営破綻のイメージしかないが、
調べてみると割とちゃんとしてそうで、
金額もお安め。

一念発起して、入会して、
まずはレベル診断。
その結果がこれ。

スコア7.5


うん、これも良いのか悪いのか、
不明です。

まあまあしゃべれるんちゃう
レベルのようです。

そしてこの診断を最後に、
NOVAに行くことはありませんでした。。
5か月5万円、レッスン0回。

ほんと、英会話のレッスンが
受けれるようになりたい。

結論としては、日本語・英語ともに、
口頭コミュニケーションが格段に苦手なので、
せめて文字コミュニケーションなら、
ということでチャットアプリや英文添削などの
コミュ障向けサービスを現在少し調べてたりします。。


さて、また無益な内容で
1記事書いてしました。。

次回、ついに過去最高得点を
獲得した最終回をおとどけします。



おすすめ学習方法(スタサプ一択)

そんな僕が、いま英語学習で
愛用しているのは、
スタディサプリ
というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称で
※CMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

いまなら7日間無料で試せるので、
ぜひ一度やってみてもらえると嬉しいです♪

良いところをまとめると

●桐谷美鈴さんがCMしてる
 (かわいい)

●アプリが使いやすい

●TOEIC形式の問題が
  2000問以上

●動画講義が
  めちゃ分かりやすい

●文法・単語の学習もできる


TOEIC900点くらいの時から
利用しているのですが、

文法の基礎や考え方の動画講義は、
本当に参考になりました。
根本的な英語力が上がった気がします。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!

↓このリンクから飛べます。

 

こちらもおススメ

スタサプの無料体験について詳しく知りたい方は、スタサプTOEIC対策コースの無料体験でやることと解約方法をご覧ください♪

 

まずは無料で勉強したいな、
という方はぜひこのブログも
ご活用ください♪

Part5攻略を徹底解説してます。

こちらのおススメ

「リスニングよりもリーディングが苦手」という方は、TOEIC970点の僕がPart5問題を20問がっつり解説します!もご覧ください!

 

他にも英語学習の記事
をご用意してます。

ココがおすすめ

 

 

過去記事もぜひご覧ください。
TOEIC600点@大学生から社会人3年目で800点まで200点上げる話
社会人がTOEIC800点から1年アプリ利用で900点まで100点上げる話
社会人がTOEIC900点を突破した勉強方法とテクニックを教えます!
TOEICでスコアが900点くらいで伸び悩んだらどうするか?

本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-TOEIC, 英語学習