投資レポート

~3つのシナリオ~2021年前半のアメリカ経済予測:デロイトレポート翻訳②

Thank you for your visiting.

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"]<この記事を書いている人>
・名前:たま
・特徴:10年間でTOEICを595点から970点までスコアアップ
・思い:英語の勉強がてら英語の記事などを関西弁で和訳したい
[/word_balloon] [word_balloon id="2" size="M" position="R" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"] <この記事を読んでほしい人>
・投資の情報をゆるく学びたい
・ゆるい関西弁での和訳が読みたい
・ツイッターでフォローしてくれてる優しいみなさま [/word_balloon]


今回もご覧いただき

ありがとうございます!

今回の記事は5分程度で
読める内容となっていますので、
ぜひ気軽にご覧ください。

デロイトのレポートを翻訳しています。

こんにちは、たまです。

今回はデロイトのレポートを
シリーズで和訳していこうと思います。

引用元:
United States Economic Forecast 1st Quarter 2021

なお、ご認識のことかと思いますが、
念のため。
・投資は自己判断でお願いします。
・雑な和訳なので、内容に保証はできません。。

今年の米国経済どうなん?
という記事ですね。


ワクチン接種が加速してきて、
ついに米国経済も復活へ、
という楽観的な観測が
大きくなってきている中、
楽観論・悲観論交えて、
コンサルファームである
デロイトが分析しています。

今年の残りの米国株戦略を
練っていく中で、
参考にしていただけると幸いです。

レポートが長かったので、
数回に分けてお届けします。

2回目は
「3つのシナリオ」
編です。

以下3つのパターンのシナリオについて、
発生確率とともに記載されています。
このうちどれかのパターンで、
今年のアメリカ経済は回っていく、
という予測ですね。
※このうちのどれかになるだろう、
※ということに注意してお読みください。


前回の記事はこちら。
●~トンネルの出口なんか?~2021年前半のアメリカ経済予測:デロイトレポート翻訳

 

世界線1.基本的なシナリオ(確率:55%)

12月末の救済パッケージは
2021年前半の経済を
下支えするで。

議会は3月までに
新しい給付金を通したんや。
これには9月までの失業保険の拡充や
州や地域政府への援助も含まれたんや。

これによって2021年の前半は、
緩やかな成長を見せる
と思っとる。

ワクチン開発が混沌としとるけど、
接種は進んどって、
さらに加速するように、
配布と供給を進めとるで。

春までには大部分の人に
ワクチンがいきわたり、
影響を受けた産業の活動再開が
進んでいく
ことやろう。

GDP成長は第二四半期にはとても早く、
長期的な一年のトレンドは、
1.5~2.0%に近づく
やろう。
就業率の回復は少し遅れると思うで。

これにも関わらず、生産性向上と収益は、
2021年以降の正常化予測時の
GDPよりは低いんや。

これはコロナウイルスで価値が低下した資本
(オフィスビルなど)が再び必要とされ、
また生産性を失う働き方に戻るからや。

潜在的なGDPはパンデミックが起きる前の
2026年予想より1.4%低いくらいやろか。

世界線2.消費ブーム到来(確率:25%)

救済法案は期待よりも効果的で、
2021年前半GDP成長を引き上げる
で。

ワクチンが人口の大部分にいきわたって、
たまりにたまった旅行などの需要が、
トレンドを上回るGDP成長
となるんや。

就業率の伸びも強くて、
低スキル者の就労も増えていく
んやで。

最初のインフレが見え始めて、
消費者物価指数は3.0%を超えて、
FEDは注意深く量的緩和を引き締めて、
想定よりも早く金利を上げてくるやろう。
GDPは少し低成長の期間の後に、
2023年までに長いトレンドに戻ってくる
やろう。

経済への長期的なダメージは小さく、
2025年にはパンデミックが起こる前の
トレンドまで近づく
やろう。

世界線3.長引くダメージ(確率:20%)

コロナウイルスの変異種によって、
ワクチン配布が増加しても、
感染者数が急拡大するんや。

政府は再び経済活動を制限せなあかん。
学校はまた完全にバーチャルになり、
子どもの世話をするために失業が増える。

再開と停止を繰り返すのが続くと、
何も信じられんくなって、
政府機関への信頼は揺らぐんや。

治療方法が改善し、
ビジネスが再開した後でさえ、
心のダメージを負った
消費者は不当なリスクを
負って出かけるよりも、
家におることを好むかもしれん。

家計の貯蓄は高く、
需要に押さえつけるやろう。

経済の再開は躊躇され、
GDP成長は低いまま。

2026年まで、失業率は高く、
GDPはパンデミックが起きる前の予測から、
7%も下回るやろう。

まとめ:メインシナリオはポジティブやけど

ご覧いただき
ありがとうございます。

最後に記事を読んだ
自分の感想を少しだけ。

基本的には、
夏にかけて回復していく、
という二つのシナリオが
80%の確率
という分析でした。

溜まっている貯蓄が
いかに吐き出されるか、
それによって経済が上向き、
就業も増えて、
さらに消費に回る、
という循環ができること期待ですね。

一方で、やはり脅威なのは変異種
20%の確率で変異種が蔓延し、
もう一度ロックダウン
というネガティブシナリオも、
頭に入れておいたほうがよさそうです。

なので、変異種や感染者数の推移には、
十分注意しつつ、
積極的に投資していきたい局面

僕は考えています。

仮にもう一度ロックダウンとなると、
さすがにアメリカ人も、
もう何も信じられへんモード
になって長期的なダメージになる、
という分析もあったので、
ぜひそのシナリオは避けたいですね。

日本は第四波ともいわれていて、
まさにこの状況に入ってしまうと、
経済へのダメージが
大きくなってしまうので、
正念場かなと思います。

次回は各セクタごとの
見通しです。



CNBCの翻訳記
事も書いてます。

●Tesla、テスト未完了の自動運転提供で怒られる
●世界的な半導体不足は継続的にウォッチが必要
●Musk氏、中国でスパイしとったら事業畳んだるわ宣言
●【2021/3/26】2015年以来の絶好の米国債券の買い場や~:CNBC翻訳

 

おまけA:学習した単語

今回の記事を書くにあたり、
僕が知らなかったり、
意味が怪しいなと思って、
調べてメモした単語を載せておきます。

<今回自分が学習した単語>

write down :切り下げ、評価損
relief bills:救済法案
pent-up:鬱積した、たまりにたまった
Incipient :初期の
slog :強打、苦労
ramps up:増加する
eroding :侵食する、腐食する
Even later:後でさえ、~したなお後になって
unwarranted:不当な
keep a lid on:ふたをする
aggregate demand:総需要


僕はTOEIC970点ですが、
まだまだ知らない単語も多く、
Web検索で調べながら翻訳しています。

投資の用語や普段使わない単語など、
やはり生の英語に触れると、
英語力が高まると感じています。

実際この記事を書くスピードも
どんどん早くなってきていて、
英語力の向上を感じます。

英語力の向上を目指している方も、
自分の興味がある分野を翻訳し、
Twitterなどで共有するだけでも、
英語力の向上効果は高いと思うので、
ぜひお試しください!

ここで少しだけ宣伝させてください。
私が英語学習で愛用している
”スタディサプリ”というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称で
※CMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!

↓このリンクから飛べます。




TOEIC関連記事も書いてますので、
よかったら覗いていってください♪


本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-投資レポート