投資レポート

~トンネルの出口なんか?~2021年前半のアメリカ経済予測:デロイトレポート翻訳

Thank you for your visiting.

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"]<この記事を書いている人>
・名前:たま
・特徴:10年間でTOEICを595点から970点までスコアアップ
・思い:英語の勉強がてら英語の記事などを関西弁で和訳したい
[/word_balloon] [word_balloon id="2" size="M" position="R" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true"] <この記事を読んでほしい人>
・投資の情報をゆるく学びたい
・ゆるい関西弁での和訳が読みたい
・ツイッターでフォローしてくれてる優しいみなさま [/word_balloon]


今回もご覧いただき

ありがとうございます!

今回の記事は5分程度で
読める内容となっていますので、
ぜひ気軽にご覧ください。

デロイトのレポートを翻訳しています。

こんにちは、たまです。

今回はデロイトのレポートを
シリーズで和訳していこうと思います。

引用元:
United States Economic Forecast 1st Quarter 2021

なお、ご認識のことかと思いますが、
念のため。
・投資は自己判断でお願いします。
・雑な和訳なので、内容に保証はできません。。

今年の米国経済どうなん?
という記事ですね。


ワクチン接種が加速してきて、
ついに米国経済も復活へ、
という楽観的な観測が
大きくなってきている中、
楽観論・悲観論交えて、
コンサルファームである
デロイトが分析しています。

今年の残りの米国株戦略を
練っていく中で、
参考にしていただけると幸いです。

レポートが長かったので、
数回に分けてお届けします。

初回は
「トンネルの出口なんか?」
編です。

トンネルの出口は見えてきたんか?

ワクチン接種の拡大と
じわっとした経済正常化の見通しで、
意思決定者たちは楽観的になってきとる。

せやけど、アメリカ経済への
パンデミックの影響が
どれだけ深刻化を知るには、
まだ早すぎるんや。

ロックダウンの厳しい1年の
後だとしても、
トンネルの出口や!、
という表現は使われすぎやで。

せやけど、ワクチン接種率の拡大で、
パンデミックの終わりが見えてきとる、
そうやないとしても、
少なくともパンデミックによる
短期的な経済影響は、
目途が立ってきたんや。

ここで経済予測をするうえで、
2つの疑問を浮かび上がってくるんや。

1つ目はどんだけ早く、力強く、経済が回復するんか


2つ目は新しい生活は、どんなんになるんか


そんで、パンデミックは経済に取り戻せない爪痕を残すんかどうか


※3つやんか・・・・。

ここ数か月のパンデミックは、
ごっつ厳しかったで。


ひとつは天候のせいで、
ソーシャルディスタンスを保つための
屋外の利用すらできひんかったんや。

これは心理的に厳しくて、
経済活動にガチで影響与えたで。
例えばレストランとかは、
屋外スペースを縮小するっきゃなかったんや。

そのうえ、この冬は全国的に
コロナウイルスが増加
していったんや。


さらに悪いことに、感染しやすい
変異種の登場
や。

これらは人々と経済への重荷やった。

せやけど、ワクチン接種が、
この冬から始まったんや。
1月には、毎日だいたい35万本
くらいしか摂取されんくて、
とんでもないフレストレーションに
なっとった。

でも、2月の中旬くらいには、
1日160万本までスピードアップ
したんや。

これはワクチンの利用方法や
システムへの調整がうまくいって、
透明性も確保されたんが要因やな。

結果:
経済活動再開の直近の目標は、
実現できそうな見込み
や。


進行中のワクチン配布の
不具合や不満にもかかわらず、
アメリカはワクチン接種速度において
世界的なリーダーや。

ワクチン接種のスピードは、
以前の予測に基づいとる。
去年の春から、2021年の夏ごろには、
ワクチンが大きく広がって、
通常の経済活動が
再開できると考えてきたんや。

いまのワクチン接種の加速によって、
このスケジュールをまだ守れそうや。
せやったら、このワクチンプログラムは、
うまくいかんくなることはあるんやろか?

いっちゃんつまずきやすいポイントは、
ワクチンの再構成が必要とされる
新しい変異体の発生
や。


セロからまたワクチンを
再開発するなんで・・・。 
これはめったに起きそうにはない。

せやけど、微調整した血清を
再接種するっちゅうだけもで、
経済回復は遅れてしまう
んや。


長引いてしんどい最悪のシナリオとしては、
変異種対策でさらに数回の接種が
必要
になってしまうことや。

これによって、実体経済の回復は、
5年は見込めへんようになってしまう
んで。


でもきっとこれはないやろ。
過度な楽観抜きにしても、
夏ごろには通常の活動の再開が
できるようになってると
考えるべきや。

貯蓄は消費にまわるんか?

正常に戻ったら何が起こるんやろか?
短期と長期で考えてみようや。

短期的には、消費者の貯蓄やな。
2020年には5兆ドルが貯蓄に回されたんや。
これはすんごい金額や。
これを使いたくてしゃあないんやと思う。

抑圧された旅行やレジャー消費などは、
この夏に爆発
するやろう。

これは短期的な不足と
価格急騰につながるで。

もしくは、注意深くするほうを
選択するかもしれん。
消費は徐々にゆっくり強まり、
リスクがなくなると判断したら、
旅行に行って、レストランで飯くって、
映画館で映画見たりするかもやで。

長期的には、パンデミックによる
経済へのダメージはどれくらいか

ということが問題やな。
これを見るには、2つのカギがあるで。

1月には失業者が1000万人、
うち400万人は6か月以上働いとらん。

400万人のほとんどが
過去1年以上前に職を失って、
長い間仕事に復帰できとらんのや。

調査によると、長期間失業した人は、

低い賃金で再就職することで、
家庭や地域に大きな
社会学的なネガティブ要素となるんや。

これはパンデミックの大きなツケで、
次の10年で徐々に解消
されていくやろう。


経済の急速な変化は、
既存資本の価値と生産性を低減させた。
例えば、在宅勤務の増加によって、
既存のオフィスビルの価値は下がり、
これはアメリカの不動産の9%を占める。

非効率に割り当てられた資本は、

本質的に生産性が低く、
アメリカ経済を新しい方向に
導いていくために時間がかかるやろう。

我々の基本的シナリオは、
いくつかの長期的なダメージ、
GDPがコロナウイルスが発生しなければ、
到達していたレベルを下回る

が発生しうるやろう。

ポストコロナでは、夏と秋にかけて、
一般消費の急上昇が期待され、
GDPを押し上げ、インフレ圧力となり、
高い金利
となる。


これが回りまわってGDPを抑圧して、
経済がパンデミックが
起きなかった場合より
低成長の期間を作ってしまうんや。


せやけど、
恒久的なダメージは
好景気シナリオよりは少なく、
予測される期間の終わりには、
経済はパンデミックが
発生しなかったときの
レベルまで戻ってくるやろう。

この比喩表現は誤用されすぎやけど、
トンネルの出口の光は見えてて、
このトンネルから最終的に脱出するため、
実体経済をしっかりとみていく必要があるで。

まとめ:一応出口は見えて来とるらしい

ご覧いただき
ありがとうございます。

最後に記事を読んだ
自分の感想を少しだけ。


基本的には、
変異種への大きな対応が
必要とならなければ、
夏ごろには経済活動は
元の水準へ徐々に戻っていく、
というシナリオでよさそうです。

また、短期的には、
抑圧された欲望の爆発で、
レジャーや旅行などは、
一時的に跳ね上げると思ってます。

その後、爆発が戻ったときに、
どれだけ経済が後退していたのか、
この先のリカバリがどうなるのか、
が夏の後半ごろから
見えてくるような感じですかね。

そこまでは、積極的に買っていくのは、
少し怖いように感じてます。
市場は数か月程度の先を反映する、
とよく言われるので、
今は夏ごろのパーリィな状況を
織り込んでいるとみてます。

その先の経済がどうなっていくのか、
経済指標やマインド、
そして変異種の動向などには、
引き続き注意したいと思います。



CNBCの翻訳記
事も書いてます。

●Tesla、テスト未完了の自動運転提供で怒られる
●世界的な半導体不足は継続的にウォッチが必要
●Musk氏、中国でスパイしとったら事業畳んだるわ宣言
●【2021/3/26】2015年以来の絶好の米国債券の買い場や~:CNBC翻訳

おまけA:学習した単語

今回の記事を書くにあたり、
私が知らなかったり、
意味が怪しいなと思って、
調べてメモした単語を載せておきます。

<今回自分が学習した単語>

tantalizingly:じれったい
in sight:見通し
Granted:仮に~だとしても
grueling year:厳しい年
overused:使いすぎ
suggest:暗示する
be in sight:めどが立つ
curtail:削る、縮小する
On top of that:そのうえ
ramp up:強める、増加する
contagious:感染しやすい
weighed on:重くのしかかった、重荷
shaky:不安定な、揺れる、ぐらつく
rollout:公開、運用
Bottom line:結論
be within reach:実現できそうな
Notwithstanding:それにも関わらず
ongoing:進行中の
derailed:脱線する、妨げる
stumbling:つまずき、よろめき
the ground up:ゼロから
tweaked:微調整
serum :血清
long slog:長い苦労
start-and-stop(stop-start):進んでは止まる、とぎれとぎれの
forecast horizon:予測期間
undue :過度な
Pent-up :抑圧された
elect to:選択する
ramp up:強める
sociological :社会学的な
inherently :本質的に
reorient :向きを変える
constrain:強いる、抑圧する
equilibrium :均衡


私はTOEIC970点ですが、
まだまだ知らない単語も多く、
Web検索で調べながら翻訳しています。

投資の用語や普段使わない単語など、
やはり生の英語に触れると、
英語力が高まると感じています。

実際この記事を書くスピードも
どんどん早くなってきていて、
英語力の向上を感じます。

英語力の向上を目指している方も、
自分の興味がある分野を翻訳し、
Twitterなどで共有するだけでも、
英語力の向上効果は高いと思うので、
ぜひお試しください!

ここで少しだけ宣伝させてください。
私が英語学習で愛用している
”スタディサプリ”というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称で
※CMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!

↓このリンクから飛べます。




TOEIC関連記事も書いてますので、
よかったら覗いていってください♪


本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-投資レポート
-, , ,