投資レポート 米国株投資

⑫3Dプリンティング(年率60%の爆発的な市場成長):ARK BigIdeas 2021 翻訳

ark-bigidea2021-3Dprinting

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事は"米国株の最新情報を知りたい方"
"英文記事の翻訳を読みたい方"
に向けた記事となります。

今回の記事は5分程度で
読める内容となっていますので、
ぜひ気軽にご覧ください。

こんな方におすすめ

  • 米国ハイグロ株を取り巻く状況を知りたい
  • 3Dプリンタに興味がある
  • 投資関連の英文記事の翻訳を読みたい
  • ARK社Cathie Wood(キャシー ウッド)のファン
<著者の自己紹介>
✅TOEIC970点
✅投資歴11年
✅英語の勉強がてら英文記事を関西弁で和訳する

 

米国の成長株・ハイグロ株を
投資している方で、
参考にしていることも多い、
ARK社CEOの
Cathie Wood(キャシー ウッド)。

 

2021年前半くらいまでは、
ARK ETFの圧倒的なパフォーマンスが
話題となっていましたよね。

 

そんなARK社は毎年、
成長領域に関するレポート
ARK BigIdeas
を出しています。
※無料で読めます。

 

今回の記事では、
そのレポートを翻訳しつつ、


3Dプリンタってどこまで使えるものなの?


解説していきます。

 

これまでの製法が引き算であれば、
3Dプリンティングは足し算をしながら、
複雑なものを早く低コストで、
生産することができる仕組みです。

これによって、よりデザインが力を持ち、
いろんな製品を簡単に生み出すことができ、
低コストでイノベーションを実現できそうです。

ITのような無形物での高速なイノベーションが、
3Dプリンティングによって、
ついに製造業でも実現できるのでは、
と期待されています。

大量生産から、
個人に合わせたカスタムできる時代
へ。
楽しみが広がりますね。


3Dプリントは時間・コスト・廃棄物を削減!(p.85)

3Dプリンティングは、
時間とコストと廃棄物を削減し、
部品構造を根本的に変えてくるで。

3Dプリンティングは、層ごとに積み上げて
物体を生成できる付加的な製法やねん。
これは、これまでの生成方法と正反対や。
これまでは、大きな塊から削っていって
物体を生成しとったんやで。

3Dプリンティングは、
デザインの生産の間の時間を削減し、
デザイナーがさらに力を持ち、
サプライチェーンの複雑さを削減し、
これまでの製法におけるコストのほんの一部で
製造ができるようになるんや。

3Dプリンティングは、製造業を変化し、
年率60%の速度で成長し、
去年の120憶ドル(1.2兆円)から、
2025年には
1200億ドル(12兆円)
まで、

成長すると考えとる。

収益はまだやけど、革命は進んどる

3Dプリンティングの収益は2020年は減少。
でも、コロナのパンデミックの期間に
新しい技術が活用され始めたん。

コロナ危機における3Dプリンティングの採用

●医療機器
・呼吸器のバルブ
・マスク関連
・緊急呼吸器
・非侵襲的PEEPマスク

●検査機器
・鼻咽頭スワブ

●研修・可視化治療
・医療用マネキン
・生理学モデル

●個人用防護器具
・フェイスシールド
・マスク
・金属製マスクフィルタ

●個人防護グッズ
・フェイスマスク
・マスクフィルタ
・マスクのアジャスタ(調整器具)
・ドアオープナー

●緊急用住居
・隔離病棟


ここ数年の売り上げは、
SSYS・DDDの二強。
MTLSが徐々に伸ばしてきている。
XONEやNNDMはこれから・・・。

3Dプリンティングはまだ生まれたて

次は一般ユーザが使うものが、
3Dプリンティングの次の市場や。

●プロトタイプ(試作品)
市場規模:125億ドル(1.2兆円)
普及率:40-50%

●金属型や道具
市場規模:300億ドル(3兆円)
普及率:4%

●一般ユーザ用商品
市場規模:4900億ドル(49兆円)
普及率:1%

どんだけ適用できるかは産業によるで

3Dプリンティングの適用は、
産業やボリューム、複雑さによって変わるで。

●プロトタイプ(試作品)
・すべての産業でOK

●金属型や道具
・自動車産業
・機械
・金属製品
・工業生産
・ブロックとか

●一般ユーザ用商品
・宇宙関連
・医療機器
・プラスチック製品
・靴
・半導体


市場機会が大きいのは
・宇宙関連
・自動車関連
・機械関連

3Dプリンティングはいろんな形状を可能に

自動化運転技術とバッテリー革命によって、
飛行機の生産量とデザインは爆発的に増えとる。

3Dプリンティングは低コストで、
めちゃ早く試作できるもんやから、
イノベーションを加速していくんや。

重量を軽く押さえて、複雑な部品も作れて、
コストもうまいこと下げることができるんや。
飛行機産業が一番恩恵を受けられると思うで。

ドローンの機体収入は、
2025年には1000億ドル(10兆円)
になるとみとるで。

3Dプリンティング×AIで製造業は超進化

3Dプリンティングの進化とAIによって、
これまでの製法では実現できなかった、
高度に最適化されたデザインが
できるようになるんや。

●アメリカのエアフォース
・CubesatBus
125個のパーツを一つのパーツに
50%軽く
20%硬く
破損個所は1/6に

●HEXR
・カスタムのヘルメット中敷き
60%の耐衝撃性
回転力を25%低減
回転速度を45%低減

●Yamaichi Special Steel
・ブレーキ部品
40%軽く
空気の循環が改善
負荷分散もいい感じ

3Dプリントは年60%成長して、12兆円市場へ!

世界の3Dプリンティング市場は、
この先5年間に年60%で成長するんや
いまの120億ドル(1.2兆円)から、
2025年には
1200憶ドル(12兆円)
や。


まとめ:3Dプリンティングはこれからめちゃ伸びる!

第12章
3Dプリンティング、
は以上となります。

AIと組み合わせることで、
いままでは作れなかったデザインができたり、
簡単に試作品が作れて試せるので、
イノベーションが促進されそうですね。

コストも削減できるので、
早くカスタマイズされたアイテムが、
どんどん展開されるかもです。

ゲームのアイテムとかも、
家でプリントして現実化したり、
といった活用もできそうですね。

一家に一台、3Dプリンタの時代が来るなら、
それも面白そうですね。

次回は、ゲノム(遺伝子)についてです。
専門外なので、
正直うまく和訳できるかどうか・・。
勉強しながら、
しっかりと記事書いていきたいと思います。


今回もご覧いただき
ありがとうございました!

これまでの記事をご覧になっていない方は、
ぜひそちらもご覧ください。

1回目:序章+①DeepLearnig(AI)


2回目:②データセンター再投資
(Intel入ってない!)


3回目:③Vritual Reality(仮想世界)
ゲームが主役*AR/VRが跳ねる



4回目:④Digital Wallets(デジタル通貨)
4.6兆ドル!?



5回目:⑤ビットコイン1,000万円へ!?

 

6回目:⑥ビットコインが5,500万円へ!?



7回目:⑦2台に1台は電気自動車(EV)の時代!



8回目:⑧オートメーションってなんかかっこいい



9回目:⑨自動運転ライドシェアwithTesla



10回目:⑩ドローーーーーーン



11回目:⑪宇宙・衛星産業
(宇宙にはロマンがある)

 

おまけA:学習した単語

今回の記事を書くにあたり、
私が知らなかったり、
意味が怪しいなと思って、
調べてメモした単語を載せておきます。

<今回自分が学習した単語>

radically:根本的に
additive:付加的な
layer by layer:層ごとに、多層の
subtractive manufacturing:除去加工
respiration:呼吸
non-invasive:非侵襲的な、保存的療法
nasopharyngeal swab :鼻咽頭スワブ
respirators:マスク、防毒マスク
dwelling:住居
in its infancy:乳児期、幼少期
molds:型
foundry:鋳造
industrial manufacturing:工業生産
die sets:ダイセット
jigs:ブロックゲージ
form factors:形状
convergence:修練、収束
stiff:かたい
failure location:破損位置
shock-absorbent:耐衝撃性
rotational velocity:回転速度
brake caliper:ブレーキキャリパー(ディスクブレーキ)


私はTOEIC970点ですが、
まだまだ知らない単語も多く、
Web検索で調べながら翻訳しています。

投資の用語や普段使わない単語など、
やはり生の英語に触れると、
英語力が高まると感じています。

実際この記事を書くスピードも
どんどん早くなってきていて、
英語力の向上を感じます。

英語力の向上を目指している方も、
自分の興味がある分野を翻訳し、
Twitterなどで共有するだけでも、
英語力の向上効果は高いと思うので、
ぜひお試しください!

ここで少しだけ宣伝させてください。
私が英語学習で愛用している
”スタディサプリ”というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称で
※CMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!

↓このリンクから飛べます。


おまけB:参考にさせてもらったブログ/Youtubeなど

ARKのレポートを
Twitterで教えてくれた
パスさん(@passinvestcom)

投資情報のつぶやきや、
ブログ運営されており、
フォロー必須です!

何かのランキングで1位になった、
米国株投資家でインフルエンサーの
じょーさん(@TakayamaJoe)

Youtubeで概要を翻訳されていますので、
ぜひそちらもご覧ください。

 

本ブログの人気記事

スタサプTOEIC対策コースの無料体験でやることと解約方法 1

スタサプのTOEIC対策コースに興味があるけど、無料体験って何をどうしたらいいの?お金がかからないために解約する方法を知っておきたい!そんなお悩みにお答えするべく、スタサプを2年間使った僕が、無料体験でやるべきことと解約方法を図解で優しく解説します。最強のTOEIC対策アプリなので、この機会に無料で体験してみましょう♪

2

TOEICのPart5って難しいし苦手だなぁ。どうやって解いたらいいの?
この記事ではそんな方のお悩みを解決します。
TOEIC970点の僕がPart5をどのように解いてるか、
20問もの問題を解きながら徹底的に解説します。
この記事を読破すればTPart5の点数がアップします!

3

最新版のコインチェック(Coincheck)の新規口座の解説手順・流れについて、50枚以上の図解で詳細に解説しています。おそらく世界一細かい手順なので、口座開設に困っている・わからない方はぜひご覧ください。DeFi運用への道も一緒に記事にしていますので、併せてご覧ください。

-投資レポート, 米国株投資
-, , , , , , , , , ,