投資レポート 英語学習

⑩ドローーーーーーン:ARK BigIdeas 2021 翻訳

ark-bigidea2021-drone

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事は"米国株の最新情報を知りたい方"
"英文記事の翻訳を読みたい方"
に向けた記事となります。

今回の記事は5分程度で
読める内容となっていますので、
ぜひ気軽にご覧ください。

こんな方におすすめ

  • 米国ハイグロ株を取り巻く状況を知りたい
  • ドローンに興味がある
  • 投資関連の英文記事の翻訳を読みたい
  • ARK社Cathie Wood(キャシー ウッド)のファン
<著者の自己紹介>
✅TOEIC970点
✅投資歴11年
✅英語の勉強がてら英文記事を関西弁で和訳する

 

米国の成長株・ハイグロ株を
投資している方で、
参考にしていることも多い、
ARK社CEOの
Cathie Wood(キャシー ウッド)。

 

2021年前半くらいまでは、
ARK ETFの圧倒的なパフォーマンスが
話題となっていましたよね。

 

そんなARK社は毎年、
成長領域に関するレポート
ARK BigIdeas
を出しています。
※無料で読めます。

 

今回の記事では、
そのレポートを翻訳しつつ、


ドローン技術の進化や空飛ぶクルマについて


解説していきます。

 

ドローンによる宅配の自動化や、
空飛ぶクルマとしてのドローンなど、
近未来間の漂う分野ですね。

個人投資家の皆さんが大好きな領域で、
自分の生活にも影響しているところが、
投資の魅力でもありますね。

2021年2月にはドローン関連銘柄の、
イーハン($EH)で事件がありましたが、
ドローン業界の未来は明るいので、
心を強く持っていきまましょう!

p.72:ドローンによる宅配

ドローンによって人件費は大きく削減されるやろう。

バッテリーコストの低下と自動操縦技術は
飛行ドローンを強化していくんや。

遠くない未来のドローンは荷物や食品、
そして人間さえも早く便利に届けることができると思うんや。

ドローンは買い物のやり方を変え、移動時間を短縮し、
命を救うんや。

ドローン配送のプラットフォームは、2030年までに、
2,750億ドルの配送収入
500億ドルの機体売上と、
120億ドルの地図収入を生み出すやろう。

p.73:自動運転での空の旅がお手頃でできるように

バッテリー技術が改善し、
エネルギー充電が規制を満たすレベルに達したことで、
安全なエアタクシーと空飛ぶ救急車が可能となるんや。

加えて、機械学習(AI)の進化によって、
自動飛行も可能となり、コストは劇的に下がるで。
*10マイル(16km)でのドローン配送コスト
*リモート操作:7.8ドル、自動飛行:0.25ドル

p.74:ドローンはコスト削減と便利さを実現

過去2年間で、FAA(アメリカ航空局)は、
商業ドローンを普及させていくため、
視界の範囲を超えた操縦や、
場合によってはドローン航空の操業も許可してきた。

フロリダ州はアメリカ初の
人を乗せるドローン発着場を

2025年に操業する予定で建築中や。

p.75:ネットショッピングはドローン宅配で

ドローンは2030年までに
ネットショッピング配送の大部分
のシェアを占めるやろう

コロナウイルスによって、
ネットショッピングにおける
非対面のドローン配送の
実験と採用は加速されてきた。

この先5年間のどこかの時点で、
荷物の配送の20%は
ドローンが配達すると考えとる。

ネットショッピングは、
2030年には2020年の約3倍の規模となり、
そのうち2/3はドローン配達となる

p.76:ドローンはフードデリバリーをも加速していく

オンラインのフードデリバリーは、
2020年に世界で40%以上成長してきた。

ドローン配送は、ピクニックや
BBQなどへの食品配送や
フードデリバリーの
半分近くを占める
ことになるやろう。

p.77:商業化はこれからだが夢はいっぱい!

商業化はまだまだやが、
ドローン配送のプラットフォームは
たくさんの利益を生んでいくで。
・プラットフォーム:500億ドル
・ハードウェア:140億ドル
・地図サービス:30億ドル

2030年までにドローン配送プラットフォームは
あと4倍まで成長し、
2750億ドルの収益を生み出すやろう

一方で、ハードウェアは約3倍の500億ドル
地図サービスは4倍の120億ドル


まとめ:ドローンにはいろんな稼げるチャンスありや

第10章
ドローン、
は以上となります。

まとめ①

ドローンは荷物や食品、
人間さえも早く便利に届けることができる

ドローン配送のプラットフォームは2030年までに
2,750億ドル(30兆円)の配送収入
500億ドル(5.5兆円)の機体売上
120億ドル(1.3兆円)の地図収入
を生み出す

まとめ②

バッテリー技術の改善で
安全なエアタクシーと
空飛ぶ救急車が実現

機械学習(AI)の進化で、
自動飛行も可能となり、
コストは劇的に下がる

10マイル(16km)でのドローン配送コスト
リモート操作:7.8ドル
→自動飛行:0.25ドル

まとめ③

フロリダ州はアメリカ初の
人を乗せるドローン発着場を
2025年に操業する予定で建築中

まとめ④

ネットショッピングは、
2030年には2020年の約3倍の規模となり、
そのうち2/3はドローン配達となる

ドローン配送は、フードデリバリーの
半分近くを占めることになる

まとめ⑤

ドローン配送のプラットフォームは
たくさんの利益を生んでいく

・プラットフォーム:
 2025年:500億ドル(5.5兆円)
 2030年:2,750億ドル(30兆円) ※4倍
・ハードウェア:
 2025年:140億ドル(1.6兆円)
 2030年:500億ドル(5.5兆円) ※3倍
・地図サービス:
 2025年:30億ドル(3300億円)
 2030年:120億ドル(1.3兆円) ※3倍

 

ドローンの機体自体だけではなく、
配送プラットフォームの整備や
ドローン用の地図生成など、
関連産業も含めて、
これから盛り上がっていく業界ですね。

何より投資をすることで、
自分の生活が劇的に変わるかも、
という期待がある点もいいところですね。

ドローン宅配は、アメリカの市場前提で、
広い庭とかがある家に着陸するイメージなので、
日本ではそこまでは普及しないかもですが、
技術革新次第では、チャンスはあると思います。

そして何よりも空飛ぶクルマに期待しています!

次回は、夢の産業である
宇宙産業についてです。

衛星通信がメインです。
衛星通信の世界カバー率がぐんっと広がり、
高速になることで全世界インターネット時代が!

 






今回もご覧いただき
ありがとうございました!

これまでの記事をご覧になっていない方は、
ぜひそちらもご覧ください。

1回目:序章+①DeepLearnig(AI)


2回目:②データセンター再投資 (Intel入ってない!)


3回目:③Vritual Reality(仮想世界)、ゲームが主役*AR/VRが跳ねる



4回目:④Digital Wallets(デジタル通貨):4.6兆ドル!?



5回目:⑤ビットコイン1,000万円へ!?

 

6回目:⑥ビットコインが5,500万円へ!?



7回目:⑦2台に1台は電気自動車(EV)の時代!



8回目:⑧オートメーションってなんかかっこいい



9回目:⑨自動運転ライドシェアwithTesla

 

おまけA:今回のレポートで私が学習した単語

今回の記事を書くにあたり、
私が知らなかったり、
意味が怪しいなと思って、
調べてメモした単語を載せておきます。

<今回自分が学習した単語>

take to the skies:上空を飛ぶ
line of sight:視界、無線の送受信範囲
experimentation:実験


私はTOEIC970点ですが、
まだまだ知らない単語も多く、
Web検索で調べながら翻訳しています。

投資の用語や普段使わない単語など、
やはり生の英語に触れると、
英語力が高まると感じています。

実際この記事を書くスピードも
どんどん早くなってきていて、
英語力の向上を感じます。

英語力の向上を目指している方も、
自分の興味がある分野を翻訳し、
Twitterなどで共有するだけでも、
英語力の向上効果は高いと思うので、
ぜひお試しください!

ここで少しだけ宣伝させてください。
私が英語学習で愛用している
”スタディサプリ”というスマホアプリです。
リクルートがサービス提供しています。
※スタサプという愛称でCMなどでもおなじみですね。

これまでTOEIC対策でいろんな参考書や
アプリを試してきましたが、
ハッキリ言ってレベルが違います。

TOEICスコアを本気で上げたいなら
これしかないです。

ただ正直高いです。。
が、それ以上のパフォーマンスは出ます。

無料お試しやキャッシュバックがあるので、
もし良かったら試してみてください!


おまけB:参考にさせてもらったブログ/Youtubeなど

ARKのレポートを
Twitterで教えてくれた
パスさん(@passinvestcom)

投資情報のつぶやきや、
ブログ運営されており、
フォロー必須です!

何かのランキングで1位になった、
米国株投資家でインフルエンサーの
じょーさん(@TakayamaJoe)

Youtubeで概要を翻訳されていますので、
ぜひそちらもご覧ください。

 

本ブログの人気記事

1

TOEIC970点の僕が実際に試験で使っているテクニックを図解してご紹介します。100点アップまで目指せます。今回はリスニング編①として、アナウンス文の先読みとマークのコツ、Part1の解き方を伝授します。

2

今回の記事は初心者の方に向けて、仮想通貨・DeFiを新たに始めるための具体的な手順を解説しました。順を追ってできるだけ丁寧に解説しています。おススメ口座であるコインチェック(Coincheck)での口座開設手順も図解で紹介しています。

転職で年収上がる資格 3

保有資格20個・TOEIC930点で業務経験13年の僕が、転職したい!と考えるITエンジニアの方に向けて、転職(特に年収面)に役く立つ資格を3つご紹介します。転職やスキルアップにお悩みの方の参考になればうれしいです。年収100万円~300万円増も夢ではありません!

-投資レポート, 英語学習
-, , , , , , , , , , ,