投資レポート

EV(電気自動車)市場の出荷台数は今後5年で20倍・4000万台/年まで!

ark-bigideas2021-ev

 

こんにちは、たま(tamacraif)です。

この記事は"米国株の最新情報を知りたい方"
"英文記事の翻訳を読みたい方"
に向けた記事となります。

今回の記事は5分程度で
読める内容となっていますので、
ぜひ気軽にご覧ください。

こんな方におすすめ

  • 米国ハイグロ株を取り巻く状況を知りたい
  • EV(電気自動車)に興味がある
  • 投資関連の英文記事の翻訳を読みたい
  • ARK社Cathie Wood(キャシー ウッド)のファン
<著者の自己紹介>
✅TOEIC970点
✅投資歴11年
✅英語の勉強がてら英文記事を関西弁で和訳する

 

米国の成長株・ハイグロ株を
投資している方で、
参考にしていることも多い、
ARK社CEOの
Cathie Wood(キャシー ウッド)。

 

2021年前半くらいまでは、
ARK ETFの圧倒的なパフォーマンスが
話題となっていましたよね。

 

そんなARK社は毎年、
成長領域に関するレポート
ARK BigIdeas
を出しています。
※無料で読めます。

 

今回の記事では、
そのレポートを翻訳しつつ、


EV(電気自動車)は今後どれだけ伸びるのか


を解説していきます。

 

Teslaを中心として新興メーカーが
注目されている分野ですが、
技術革新と既存メーカーの本格参戦で、
これから5年間でEVは爆発的に増えてくる
とARKは見込んでいます。

なんと5年後には20倍の
年間4,000万台売れるとも?

その根拠と分析について、
翻訳していますので、
ぜひご覧ください。

挨拶状ドットコム【年賀状】

 

p.51:EVの売上は加速度的に増えていくやろう

EVはガソリン車の価格に近づいてきとる。

EV市場のリーディング企業(Teslaなど)は、
革新的なバッテリーデザインによって、
低コストで長距離航行を実現しようとしとる。

Wrightの法則に従い、ARKは、
EVの売上は約20倍まで
増加すると見とる。

2020年の220万台から、
2025年の4000万台まで。

ARKの考える下押しリスクとして最大のものは、
既存の自動車メーカーがEVと自動運転車に
うまく移行できるかどうか、なんや。

p.52:どんなときもEVの売上シェアは伸びとる

良い時も厳しい時も、
EVは売上はシェアを取ってきたんや。

ガソリン車の売上がコロナウイルスの影響で
減少した時でも、EVの売上は世界的に増加し続けたで。

●2019年
ガソリン車:前年比 -4%
EV車:前年比 +16%

●2020年
ガソリン車:前年比 -15%
EV車:前年比 +33%

p.53:バッテリー価格のコスト削減は確実に

Wrightの法則に従った
バッテリーのコスト削減は
いまのところ成功してきとる。

Wrightの法則によると、
累計生産量が2倍になると、
バッテリーコストは
28%低下するという。

EVで最もコストがかかる
部品であるバッテリー。

このバッテリー価格を
下げれるかどうかが、

ガソリン車の価格に
迫っていくのに非常に重要
や。

p.54:EVはそろそろガソリン車とおんなじくらいまで

EVの所有総コスト
(燃料費やメンテ費用含む)は、
2019年にトヨタのカムリを下回ってきた。

すぐに車両販売価格もそうなるはずや。

トヨタ カムリの車両価格:
約25,000ドル

EVの予想価格:
2019年:50,000ドル
2021年:39,000ドル
2023年:26,000ドル
2025年:18,000ドル

p.55:EVは航続距離と性能でも勝負できるし

コストだけやなくて、
EVは航続距離と性能でも、
既存の自動車と勝負できるレベルや。

自動車業界は電動化と
自動化へシフト
しとる。

ARKは既存の自動車メーカーが
成功するには、
ソフトウェアと
電気の技術者が不足
しとると考えとる。

p.56:バッテリーの革新的な新技術

現在のバッテリー価格で、
"Cell to Vehicle"技術を使えば、
より長い距離をより安い価格で
実現できるんや。

"Cell to Vehicle"技術によって、
バッテリーセルをモジュールや
パックに集約する方法に比べ、
バッテリー密度は50%向上したんや。

一般市場向けにおいて、
"Cell to Vehicle"技術は、
EVメーカーに、
より低いエネルギー密度とコストで、
航続距離を延ばすための
電力生成を可能にするんや。

一定のバッテリーパックの
大きさにおいて、
"Cell to Vehicle"技術は、
長い航続距離と低価格を
実現するポイントなんや。

p.57:がんばれ既存の自動車メーカー

既存の自動車メーカーが
EV化への障害を乗り越えれば、
世界のEV販売は20倍になる!
2020年の220万台から
2025年の4,000万台へ

ARKは小さくて安くて身近なEVが
多くのシェアを握ることを期待しとる。

まとめ:みんながEVを全力で頑張れば20倍まで拡大するんやで

第7章
電気自動車(EV)、
は以上となります。

まとめ①

既存の自動車メーカーが
EV化への障害を乗り越えれば、
世界のEV販売は20倍になる

2020年:   220万台
2025年:4,000万台

まとめ②

"Cell to Vehicle"技術で
バッテリー密度は50%向上

まとめ③

EVの所有総コスト
(燃料費やメンテ費用含む)は、
年々下落してきている。

EVの予想価格:
2019年:50,000ドル
2021年:39,000ドル
2023年:26,000ドル
2025年:18,000ドル

まとめ④

Wrightの法則によると、
累計生産量が2倍になると、
バッテリーコストは28%低下



各国のクリーンエネルギー政策などの
強力な後押しもあり、
EV化は一つの大きな流れとなりそうです。

一方で、バッテリーを含めた技術革新、
充電ステーションの確保や
充電時間の短縮など、

課題は山積みです。

個人的には、いわゆるフルEVが
猛威を振るうのは、

まだまだ先だと考えています。
#2025年にはまだ早い。

しばらくはハイブリッド系など、
ガソリンとEVをうまく使いながら、
CO2排出を抑えつつ、
技術革新とインフラ整備を整えていく、
という流れが続くかと思います。

うまくコスト削減が進まない場合には、
FCV(水素自動車)など、
他の技術の採用もありうるので、
まだまだ技術動向のウォッチが必要かと思います。

また電気自動車は、その製造工程で
結局CO2をバンバン排出するので、
本当にクリーンなの?という議論もあります。

本命はEV化の大きな流れということに
異論はありませんが、
他のストーリーも組み入れて、
リスク回避していく必要はあるかと思います。

関連銘柄として注目なのは、
ARKが大好きな$TSLAです。

自動車メーカーとしては、
ほぼTesla一社にフルベットみたいです。

 

自動化(Automation)で今後の経済成長効果はGDP130兆円まで 

 

自動車関連の記事はこちら!

 

ブログランキングに参加してます♪

この記事がお役に立ったら、
僕の顔面の好きな場所をワンクリックだけ
してもらえると励みになります<m(__)m>
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 

 

おまけ:今回のレポートで私が学習した単語

今回の記事を書くにあたり、
私が知らなかったり、
意味が怪しいなと思って、
調べてメモした単語を載せておきます。

<今回自分が学習した単語>
sticker price:
店頭小売価格、メーカー希望価格

parity with:同等、等価

like for like:
~ように、同種のものと比較して

drop below:下回る

compete on:張り合う

volumetric density:体積密度

 

英語・TOEIC関連の記事はこちら!

 

本ブログの人気記事

スタサプTOEIC対策コースの無料体験でやることと解約方法 1

スタサプのTOEIC対策コースに興味があるけど、無料体験って何をどうしたらいいの?お金がかからないために解約する方法を知っておきたい!そんなお悩みにお答えするべく、スタサプを2年間使った僕が、無料体験でやるべきことと解約方法を図解で優しく解説します。最強のTOEIC対策アプリなので、この機会に無料で体験してみましょう♪

2

TOEICのPart5って難しいし苦手だなぁ。どうやって解いたらいいの?
この記事ではそんな方のお悩みを解決します。
TOEIC970点の僕がPart5をどのように解いてるか、
20問もの問題を解きながら徹底的に解説します。
この記事を読破すればTPart5の点数がアップします!

3

最新版のコインチェック(Coincheck)の新規口座の解説手順・流れについて、50枚以上の図解で詳細に解説しています。おそらく世界一細かい手順なので、口座開設に困っている・わからない方はぜひご覧ください。DeFi運用への道も一緒に記事にしていますので、併せてご覧ください。

-投資レポート
-, , ,